フラットパネルアンテナの市場規模、2028年に1億8,745万米ドル到達予測

フラットパネルアンテナの市場規模は、2021年の3億1,652万米ドルからCAGR28.9%で成長し、2028年には18億7,145万米ドルに達すると予測されています。フラットパネルアンテナは指向性アンテナの一種で、一方向からしか電波を送受信できないため、より広い範囲に電波を届けることができます。また、軍用、海軍用、民間航空機のレーダーに使用されており、海洋衛星通信用としても開発が進められています。フラットパネルアンテナは海洋市場における現実的な選択肢として開発が進められており、候補に挙がるいくつかの技術のうち、最も有力なのはフェーズドアレイです。

牽引要因:薄型・超小型フラットパネルアンテナの進化

薄型・超小型のフラットパネル衛星アンテナは、IP ベースの音声、映像、データ の見通し外通信(BLoS)アプリケーションに対応する新世代の Ka バンド高スループット衛星で動作するように設計されています。例えば、ThinKomソリューションズのThinPackフラットパネルアンテナは、超小型端末の簡単で迅速なセットアップと、大型端末のパワー、スループット、パフォーマンスを兼ね備えており、ユーザーはグローバル衛星ブロードバンドを最大限に活用することができます。これらのアンテナは、全二重衛星通信を提供し、高度な地上戦闘車両と地上管制ステーションをつなぎます。前方リンクはコマンドとコントロール機能を提供し、後方リンクはセンサーデータを転送します。これらの統合端末は、超小型開口部端末技術で構成されています。

抑制要因:熟練した技術者の不足

フラットパネルアンテナ市場には、熟練した技術者の不足という課題があります。重要な宇宙活動は、研究開発、特許開発、ソフトウェア開発・応用など、さまざまな業務で優秀な人材に依存するようになっており、宇宙産業におけるビジネスプロセスや製品のイノベーションを確保するためには、技術的な労働力の確保が重要な部分を占めます。南アフリカ、ナイジェリア、ケニア、ネパール、ブータン、バングラデシュといった国々では、宇宙産業における熟練した技術労働力が不足しており、潜在的な労働力の問題は、宇宙活動の安全性と有効性に影響し、宇宙探査ミッションの数を制限するため、フラットパネルアンテナ市場の成長に対する大きな阻害要因となっています。

市場機会:電子制御式フラットパネルアンテナへの傾倒

電子制御フラットパネルアンテナは、薄型のパッケージで優れた性能効率を示し、頑丈で、厳しい環境下でも長い寿命を持つ耐候性を備えています。このため、多くの環境において、このタイプのアンテナの需要が高まっています。これらのアンテナは、軍用車両、列車、船などでも、衛星リンクを追跡し、維持することができます。COTM 用フェーズドアレイアンテナには、仰角は電子的に、方位角は機械的に、ハイブリッドビームステアリングが使用されています。アンテナ端末のステアリングは、衛星リンクの取得に大きな役割を果たします。さらに、軍用車両、列車、商用車、ボートなど、移動中の通信ソリューションに対する需要により、電子制御式フェーズドフラットパネルアンテナ(ESPA)の利用が拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]