アンチモンの市場規模、2028年に35億9,000万米ドル到達予測

アンチモンの市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGR8.0%で成長し、2028年には35億9,000万米ドルに達すると予測されています。アンチモンは、一般的に金属と非金属の両方の形態で存在する化学元素で、スティブナイトやバレンティナイトなどの鉱石から抽出され、乾燥した空気中では安定し、アルカリや酸に対して静的であると考えられています。また、アンチモンは単独でも存在するため、より広い範囲で使用することができます。

牽引要因:難燃剤の需要増加

火災に関する安全規制は世界中で厳しくなっており、革新的な難燃剤の成長に繋がっています。難燃剤の開発は、厳格な法的枠組みと業界標準の影響を受けており、その火災安全規制は、健康と環境保全に対応する国の規制によって異なります。さらに、難燃性の衣類を採用するための労働安全衛生局OSHAによる厳しい政府規制が、市場の発展を後押しすると思われます。

抑制要因:代替品の入手可能性

アンチモンは、用途によっては容易に代替できます。例えば、クロム、スズ、チタン、亜鉛、ジルコニウムの複合材は、顔料やガラスの代替材料として利用でき、Sb(金属アンチモン)は、難燃性材料において、アルミナ三水和物、水酸化マグネシウム、ホウ酸亜鉛などの化合物で部分的に置き換えることができます。プラスチック製造では、カドミウム、バリウム、カルシウム、鉛、スズ、亜鉛、ゲルマニウムの様々な組み合わせで置き換えることができます。こういった代替品の存在が、市場の成長を制限することにつながります。

市場機会:アンチモンの回収とリサイクル

アンチモンは工業的需要の増加と一次生産における優位性から、近年重要な元素となっており、リサイクルすることができます。産業廃棄物のリサイクルや有価物化は、より長期的な安定供給を確保するための実行可能な選択肢の一つです。二次SbはSb含有商品の加工から出る廃棄物と、都市鉱山や製造業の残飯から出る使用済み製品の2ヶ所に存在しており、鉛蓄電池は二次アンチモンの最も一般的な供給源です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]