産業用サイバーセキュリティの市場規模、2028年に224億1,000万米ドル到達予測

産業用サイバーセキュリティの市場規模は、2021年の158億1,000万米ドルからCAGR6.4%で成長し、2028年には224億1,000万米ドルに達すると予測されています。産業用サイバーセキュリティは、フィールドコントローラ、リモートターミナルユニット(RTU)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)、安全計装システム、データヒストリアン、監視制御およびデータ収集(SCADA)サーバ、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)、エンジニアリングワークステーション、ネットワーク接続、および人を含む産業インフラのコンポーネントを、業務の継続性と産業プロセスの一貫性を妨げずに外部の脅威と破壊から保護する、技術やソフトウェア、サービスと定義されます。

牽引要因:AIベースの産業用ロボットの導入増

クラウドベースの産業用制御システム(ICS)-as-a-serviceや人工知能プラットフォームをベースとした産業用ロボットの採用が増加していることから、産業・エンジニアリング工場内での、サイバーセキュリティソリューションの導入が進んでいます。サイバーセキュリティソリューションは、産業用ロボットをサイバー攻撃から保護し、円滑に動作させるために設置されています。国際ロボット連盟によると、自動車産業で約1,000台、電子産業で約1,000台、金属・鉱業で約1,000台の産業用ロボットが導入されています。ロボット産業協会(RIA)のレポートによると、2018年、産業用ロボットの出荷台数は世界で約42万2,000台でした。この数値は、産業用ロボットの導入拡大に伴い、今後は盛り上がりを見せると予想されます。

抑制要因:認知度の低さ、専門家の不足

アジア太平洋、中東、アフリカ、南米にまたがる新興国では、エンドユーザーの大半が産業用サイバーセキュリティの存在を知らず、サイバー攻撃が増加している新興国では、専門家の不足が市場成長の妨げになると予想されます。技術の進歩に伴い、セキュリティハッカーによる新たな脅威が生み出されており、従来のサイバーセキュリティソリューションでは、この脅威を特定することは難しいと言われています。

市場機会:産業用制御システムセキュリティに関する規則

産業制御システム・サイバー緊急対応チーム(ICS-CERT)や国立標準技術研究所(NIST)など、複数の政府機関が産業制御システムのセキュリティに関するガイドライン、規則、標準を継続的に発表しています。NISTは、従来のITシステムのセキュリティに一般的に使用されている多くのセキュリティ標準やガイドラインも導入しています。産業用制御システムに適用される最も著名なセキュリティ標準には、ISA/IEC 62443とNIST SP 800-82があります。NCCICとICS-CERTは、新たなサイバー脅威から制御システム環境を保護します。国土安全保障省(DHS)とICS-CERTは、産業用制御システムに関する情報共有と脅威の低減を可能にするために、産業用制御システム共同作業グループ(ICSJWG)を組み込んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]