構内配線の市場規模、2028年に186億8,000万米ドル到達予測

構内配線の市場規模は、2021年の115億6,000万米ドルからCAGR7.1%で成長し、2028年には186億8,000万米ドルに達すると予測されています。構内配線は、建物やキャンパスの通信ケーブルインフラと定義され、標準化された小さな要素(構造化)で構成されています。適切に設計・設置された構内配線システムは、予測可能なパフォーマンスを提供するだけでなく、移動、追加、変更に対応する柔軟性を備え、システムの可用性を最大限に高め、冗長性を提供し、ケーブルシステムの使いやすさを将来にわたって保証するインフラを実現します。

牽引要因:IT・通信分野での需要拡大

急速に拡大するIT・通信分野は、高帯域幅に対する需要の増加、高速接続デバイスやシステムの需要の増加、通信インフラ開発への投資の増加とともに、構内配線市場を推進することが予想されます。また、高速インターネット接続を必要とする通信セクターの加入者数の増加により、インフラのアップグレードに対する需要が急増しています。このような要因が市場成長の要因となっています。5G、人工知能、クラウドコンピューティング、モノのインターネットなどの新たなトレンドやテクノロジーは、データセンター事業者に進化を迫っています。よく計画された構内配線システムは、データセンターのニーズに対応することが可能です。

抑制要因:構内配線の高コスト

光ファイバーケーブルに関連する高コストが、市場の成長を妨げています。また、ケーブルの原材料価格の変動が、構内配線の世界的な成長を抑制しています。さらに、流行の仮想化の普及は、構内配線の収益を減少させる要因となっています。

市場機会:FTTH(Fiber to the home)/FTTP(Fibre to the Premises)の導入増

商業、産業、住宅など、様々な用途で高速ネットワークの利用が拡大していることが、市場成長の主な要因となっています。また、新興国における住宅地や商業地の開発が、FTTH/FTTP(Fiber to the home/Fiber to the premises)の需要を後押ししています。光ファイバーケーブルは、電磁干渉(EMI)の影響を受けず、従来の一般的なケーブルモデムと比較して通信速度が向上するため、迅速かつ中断のないデータの流れの確保のために使用されます。高速データ通信とブロードバンド利用の必要性により、光ファイバーシステムのネットワークが拡大し、市場成長の機会が創出されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]