放送機器の市場規模、2028年に81億2,000万米ドル到達予測

放送機器の市場規模は、2021年の48億3,000万米ドルからCAGR7.7%で成長し、2028年には81億2,000万米ドルに達すると予測されています。放送機器とは、ビデオやオーディオコンテンツを電子マスコミュニケーション媒体で多くの視聴者に放送するために使用される自動化システムとデバイスのセットです。レコーディングスタジオやラジオ局などで使用され、高品質な映像や音声を短時間で経済的に制作し、伝送することができます。

牽引要因:ソフトウェア無線に対する需要の増加

Software-Defined Radioは、ハードウェアを実装する代わりに、組み込みシステム上のソフトウェアを通信に使用する無線通信システムです。ソフトウェア定義無線では、ソースからのデータはデジタル形式に変換され、残りのアクティビティはソフトウェア駆動の自動化機能の助けを借りて実行されます。Software-Defined Radioの需要は、各国の軍事近代化プログラムやデジタルサービス利用者の増加によって推進されています。

抑制要因:サイバーセキュリティの脅威

サイバー攻撃は、マルウェアエキスパートにとって終わることの問題で、企業に経済的、風評的に計り知れない損害を与えます。放送事業者のチャンネルにあるコンテンツやその他の機密情報などは、放送機器市場の重要な部分であるため、データのセキュリティは最重要課題となります。サイバー攻撃はリアルタイムでの予防や特定が困難であり、放送機器市場を抑制する原因となっています。

市場機会:放送におけるAIベースの技術の実装

人工知能は、産業の強化と変革において主要な役割を担っています。大規模な組織から小規模なオンラインビジネスまで、人工知能は複数のプラットフォームで複数のエンティティによって活用されています。人工知能と統合された放送技術は、そのワークフローに活用されています。コンテンツ制作時の生産性、効率性、創造的な機会を正確かつ自動的に成長させるために、視聴者を支援することができます。

脅威:ウルトラハイビジョンの利用の制限

4Kディスプレイの解像度のアプリケーションは、急速なペースで成長しています。放送やストリーミングネットワークにおける4Kコンテンツへのアクセスは限られているため、4Kストリーミングの可能性を最大限に活用することは困難です。4Kストリーミングには最低でも50Mbps以上の帯域が必要で、12~15Mbpsの通常の帯域では不可能です。

帯域幅の増加により、4Kコンテンツのストリーミング中に必要なストレージ容量が増加することが、課題になります。超高精細コンテンツは、フレームレートを下げる、あるいは、品質を犠牲にすることで圧縮することができます。これにより、放送プレーヤーが提供するコンテンツの品質が低下します。4Kコンテンツの放送とストリーミングは、放送機器市場の大きな課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]