コンテンツ配信ネットワーク市場、2028年に393億4,000万米ドル到達予測

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)市場は、2021年の170億4,000万米ドルからCAGR12.7%で成長し、2028年には393億4,000万米ドルに達すると予測されています。コンテンツ配信ネットワークは、インターネットに投稿されたコンテンツをさまざまな場所に複製して、インターネットユーザーが簡単にアクセスできるようにする傾向があります。コンテンツ配信ネットワークのサービスプロバイダーは、リクエストの前に、エンドユーザー向けにコンテンツを複製することで、サーバーの過負荷を防ぎ、パケットロスや遅延を減らすなどの機能を備えています。さらに、コンテンツ配信ネットワークのトラフィック制御メカニズムは、インターネットの待ち時間やページの読み込み時間を短縮しながら、トラフィックを効果的に管理し、遅延を排除し、インターネットサービス全体の質を向上させます。また、コンテンツをエンドユーザーの近くに配置することで、中間デバイスを排除するという重要な役割を担います。このプロセスにより、エンドユーザーはパケットロスやパケット遅延なくコンテンツを取得することができます。

牽引要因:ウェアラブルとスマートフォンの需要増加

新興国におけるスマートフォンの利用は、過去10年間継続的に増加しています。これは、購入しやすい価格の増加、一人当たりの所得の増加、重要な機能を備えた低価格の複数のオプションなど、多くの要因によるものです。また、COVID-19の流行により、デバイスの持込みや在宅勤務の導入が進んだ結果、スマートフォンの公用目的での利用が増加しています。OBERLO.comの調査によると、スマートフォンの利用者数は年々増加しており、2020年には、利用者の総数が前年比9.3%増で350万人を超えると報告されています。例えば、韓国は、スマートフォンユーザーの割合が世界で最も高く、全人口の95%を占めています。米国では、全人口の76%がスマートフォンを利用しています。さらに、世界全体では全人口の45.5%近くがスマートフォンを利用しており、世界のコンテンツ配信ネットワーク市場において、大きなビジネスチャンスを生み出しています。

抑制要因:サービス品質に関する複雑さ

QoSとは、ネットワーク上のルーター、サーバー、遅延などのコンポーネントを効率的に監視することを指します。これらのパラメータをすべて管理するには、CDNサービスプロバイダーからの多大なエネルギー、時間、コストが必要とされます。また、サイト管理者による適切な実行と配信を確保することも、困難を伴います。ピアツーピアCDNの複雑な性質、予測不可能性、不安定性は、CDN市場における主要な抑制要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]