統合クラウド管理プラットフォーム市場、2028年に68億8,000万米ドル到達予測

統合クラウド管理プラットフォーム(ICMP)市場は、2021年の25億1,000万米ドルからCAGR15.5%で成長し、2028年には68億8,000万米ドルに達すると予測されています。統合クラウド管理プラットフォームは、プロビジョニング、オーケストレーション、DevOps、サービス管理、支出管理、セキュリティ、自動化など、サードパーティのクラウド管理ツールをすべてシームレスに統合するものです。AIと機械学習を利用して、アプリケーションの問題を解決するためのアクションの提案や、過剰支出の防御、コンプライアンスの確保などの効果が期待できます。ICMPは、組織がクラウド環境を最適化するのに役立ちます。また、DevOpsやDevSecOpsなどのプラクティスを用いたアジャイルクラウド運用に必要な、あらゆるクラウド関連ツールやサービスに対応できるため、ベンダーを選びません。

牽引要因:ハイブリッドクラウドインフラの進化

ハイブリッドクラウドインフラの進化は、市場に特別な利益をもたらします。ハイブリッドクラウドプラットフォームの採用率は2028年には膨大なものになると思われます。初期コストの安さは、ハイブリッドクラウドを採用する主な要因となります。特に、中小企業は、ハイブリッドクラウドインフラの需要があると考えられます。効率性、拡張性、柔軟性、ハイエンドな機能により、幅広い顧客層を取り込むことができ、管理上のセットアップとメンテナンスのコストが大幅に削減されます。大企業、IT企業、ヘルスケア、小売業などは、ハイブリッドクラウドプラットフォームの導入が見込まれる主要なエンドユーザーです。高い成長機会を背景に、今後、市場の収益性は膨大なものになると思われます。

抑制要因:設計の複雑さ

クラウドプラットフォームの設計が複雑であることが、統合クラウド管理プラットフォーム市場の成長を妨げています。分散型サービス拒否攻撃と高セキュリティの問題は、今後の主な課題となります。可視性の欠如がパブリックセキュリティクラウドの採用を押し上げ、データへの不正アクセス、不適切な取り扱い、データの複製につながり、インフラから機密データを削除してしまう可能性があります。また、オンプレミスからクラウドへのネットワーク設計には高い投資が必要であり、予算が少ない中堅・中小企業にとっては大きな課題となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]