デジタル資産管理の市場規模、2028年に101億9,000万米ドル到達予測

デジタル資産管理の市場規模は、2021年の36億9,000万米ドルからCAGR15.6%で成長し、2028年には101億9,000万米ドルに達すると予測されています。デジタル資産管理は、企業がソリューションを開発するのに役立ち、デジタル資産をより速く取得し、チームやチャネルを超えたターゲットアクセスの基盤を構築することができます。

牽引要因:デジタルマーケティングの高い普及率

ソーシャルメディアの利用が増加していることから、デジタルマーケティングは、企業が、自社の製品やサービスを、多くのターゲットオーディエンスにアピールするための重要なプラットフォームとして発展してきました。ソーシャルメディアプラットフォームに分析ツールを導入することで、企業は顧客の行動パターンを認識し、より良い顧客価値を提案することができるようになりました。そのため、企業はデジタル資産の合理化、関連するメタデータの表示、資産の保護、デジタルコンテンツの最新形態への変換を可能にするDAMソリューションを採用する可能性が高いと思われます。

抑制要因:デジタル資産管理のための高コスト

デジタル資産を管理するにあたり、一次的な導入コストと生涯ライセンスコストは無視できません。アカウントごとのユーザー数やストレージ容量の増加に伴い、DAMのライセンスと導入にかかる全体的なコストも増加しています。さらに、サポートサービスの価格設定、デジタル資産管理の制約、その他の細かい機能などが問題となり、多くの中小企業はDAMソリューションの導入に疑問を抱いています。

市場機会:プロセスを自動化する人工知能の出現

DAMソリューションを選択する際、企業はAIやML機能を求めています。AIベースのDAMソリューションは、イメージタギング(デジタル資産にキーワードやメタデータを割り当てること)を自動化するのに役立ちます。この自動化されたタグ付けにより、デジタル資産の迅速な識別、セグメント化、および検索が可能になります。また、AIは、DAMソリューションがデジタル資産からメタデータを抽出し、フォレンジック分析を行い、デジタル資産のコンプライアンス特性を評価し、ユーザーが著作権の対象となるコンテンツを使用していないことを確認するのに役立ちます。

脅威:従来のアプローチへの依存

多くの企業は、先進技術を導入するための予算の制約や認識不足から、従来型の時間のかかる手法に固執しています。さらに、これらの高度なソリューションを管理するためのトレーニングや能力の欠如、変化への抵抗が、DAMソリューションを採用する上での脅威となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]