セキュリティペーパー市場、2028年に348億1,000万米ドル到達予測

セキュリティペーパー市場は、2021年の190億4,000万米ドルからCAGR9.0%で成長し、2028年には348億1,000万米ドルに達すると予測されています。セキュリティペーパーは、表面にマークや隠れた秘密のマーク(模様、パターン、透かし、数字など)があり、模倣や変更が容易に出来ない特殊な紙です。A4サイズのセキュリティペーパーは、高い引張強度、耐摩耗性、耐折性を有しており、耐水性、グラビア印刷適性に優れ、紙幣、小切手、クーポン券などに使用されます。

牽引要因:詐欺や偽造の増加

政府機関の証明書の偽造や、詐欺事件が多発しています。例えば、オーストラリアでは、121の申請書が不正行為や詐欺の疑いで処理されず、255のパスポートが国家安全保障や法執行を理由にキャンセルまたは拒否されました。また、カナダでは5米ドル、10米ドル、20米ドル、150米ドルの偽造紙幣が発見されるなど、通貨偽造の数も年々増えています。このような背景から、偽造防止のためのセキュリティペーパーへの需要が市場を牽引しています。

抑制要因:デジタル化の進展

エンドユーザー用途において、多数のプレイヤーによるデジタルトランスフォーメーションへの投資が増加していることが、市場の伸びを抑制しています。2019年の全技術支出の約40%が、来るべきデジタルトランスフォーメーションに向けられています。多くのビジネス分野で、デジタルマネー、統一決済インターフェース、オンライン決済方法が導入されていることが、今後の市場成長の妨げになっています。

市場機会:通貨紙幣の非貨幣化

紙幣化とは、通貨単位から法定通貨としての地位を剥奪する行為です。これは、国の通貨に変更があるたびに発生します。現在の貨幣は流通から外され、廃棄され、新しい紙幣や硬貨に置き換えられます。これは、さまざまな犯罪行為の減少を目的としています。デミネーションによって、古い紙幣や硬貨は流通しなくなり、無価値となることで、テロなどの犯罪行為の抑止力となります。また、通貨の非流通化により脱税を防ぐことができます。

脅威:厳しい政府規制

セキュリティペーパーの用途に関する世界共通の基準がないことが、今後の市場を抑制することが予想されます。国ごとにセキュリティペーパーの用途に関する様々な基準があり、企業は、それぞれに対応することが困難な事を認識しています。このことが、セキュリティペーパー市場の伸びを抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]