企業情報アーカイブ(EIA)の市場規模、2028年に160億6,000万米ドル到達予測

企業情報アーカイブ(EIA)の市場規模は、2021年の52億9,000万米ドルからCAGR 17.2%で成長し、2028年には160億6,000万米ドルに達すると予測されています。企業情報アーカイブソリューションは、情報ガバナンスの要件を満たすために、データソースを集中型プラットフォームへアーカイブするために設計されています。EIA製品は、コンテンツの種類に応じたデータの削減、保存管理、コンテンツのインデックス作成、eディスカバリーや分類のためのツールなどの機能を提供します。

牽引要因:企業のデータ量の増加

電子メール、インスタント・メッセージ、データベース、ソーシャルメディア、ウェブ、モバイル通信ファイル、企業内ファイル同期共有などのデータの急激な増加によって生成される膨大な量の情報は、企業に課題をもたらし、企業情報アーカイブソリューションへの要求を高めています。そのため、あらゆるプラットフォームやデバイスから情報を取得し、効率的かつ安全に情報をアーカイブする能力を企業に与えるEIAソリューションへのニーズが高まっています。

抑制要因:認識不足

多くの企業は、予算の制約や企業情報アーカイブに対する認識不足から、従来の時間のかかる方法に固執しています。そのため、中小企業は企業情報を管理するために、手作業やその他の伝統的なアーカイブ手法に依存しています。高度な企業情報アーカイブソリューションを管理するためのトレーニングや能力の欠如が、市場の成長を抑制しています。

市場機会:新興の潜在的市場

非構造化データと構造化データの両方に対する需要の増加は、企業情報アーカイブ市場の機会を創出するのに役立っています。技術開発のおかげで、組織は、データ分析のために多額のお金と時間を費やしており、将来的に戦略的な意思決定を行うために組織をリードしていきます。さまざまな技術の採用が進むにつれて、大量の非構造化データが生成されます。今後数年間で、企業情報アーカイブサービスの採用につながることが予測できます。

脅威:サイバーセキュリティとデータ保護のリスク

企業情報は、企業の戦略立案において重要な役割を担っています。そのため、企業は機密データや業務をクラウドに移行することに抵抗があり、オンプレミスや従来型の情報管理手法を好む傾向にあります。このことが、企業情報アーカイブ市場の成長を制限しています。企業情報アーカイブ市場では、企業はデータに全面的に依存しているため、企業情報に対するセキュリティの懸念が非常に大きくなります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]