ホモジナイザーの市場規模、2028年に31億6,000万米ドル到達予測

ホモジナイザーの市場規模は、2021年の19億8,000万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2028年には31億6,000万米ドルに達すると予測されています。ホモジナイザーは、2つの混じり合わない液体をエマルジョンに変換するプロセスで、一方の液体を他方の液体に均一に分散した小粒子にすることで、食品、組織、植物、土壌など、さまざまな材料の均質化のために実験室や産業界で使用されています。

牽引要因:異なる産業における広範な使用

ホモジナイザーは、食品と飲料、化学処理、バイオテクノロジーと医薬品、化粧品からなる多数の産業設定で広く使用されており、均一な一貫性を持つ混合物を得るために、2つの非水溶性製品を組み合わせるために使用されています。均質化のための自動化プロセスの開発にあたり、市場参加者による投資は、市場の収益成長を後押しする要因です。また、食品の保存期間を延ばすために、食品・飲料業界や乳製品業界でホモジナイザーに対する需要が高まっていることも、売上高の伸びを後押ししています。

抑制要因:機器の高コスト

ホモジナイザー設置のための多額の資本投資、新技術の研究開発の増加は、市場の成長に対する制限として作用します。さらに、エネルギーと電力コストの上昇は市場の成長を抑制する可能性があります。

市場機会:研究開発活動の活発化と技術の進歩

消費者の需要を満たすための研究開発活動の高まりは、ホモジナイザーの需要を高め、対象市場の成長にとって有利な機会を生み出すことが予想されます。高圧ホモジナイザーの開発とホモジナイザーの高いメンテナンスのための技術的進歩は、市場の有利な機会となります。高圧ホモジナイザーと超高圧ホモジナイザーの開発のための技術的進歩の出現は、市場の成長を後押ししています。

脅威:高い競争力と厳しい規制

新規参入の増加により、市場で活動する主要なプレーヤー間で競争が激化しています。また、小規模なプレーヤーも、需要の増加に乗じて市場に参入しようとしています。さらに、それぞれの国で平準化された厳格な政府の規則や規制は、市場の成長に対する大きな脅威となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]