ワクチンアジュバントの市場規模、2028年に20億4,087万米ドル到達予測

ワクチンアジュバントの市場規模は、2021年の7億9,100万米ドルから14.5%のCAGRで成長し、2028年には20億4,087万米ドルに達すると予測されています。アジュバントは、基本的に抗原に対する身体の免疫原性反応を改善する化合物で、あらゆる種類のウイルスに対し、長期的な保護と安全性を高めるためワクチンに添加されます。現在、ヒトに使用できるアジュバントは、MF59とアルミニウム塩のみです。過去10年間、抗原の発見に関する多くの開発が行われ、ワクチン開発プロセスが強化されました。

牽引要因: ナイーブな感染性慢性疾患の発生率の上昇

子宮頸がん、ヒトパピローマウイルス(HPV)、HIV、結核などの感染症、およびその他の致命的な疾患の有病率の上昇は、市場を牽引すると予測されています。さらに、近年では、現在の病気や新しい病気に対して、より効率的で長持ちするワクチン接種の開発に注目が集まっています。現在、Covid-19パンデミックが発生していることから、世界市場の発展のために大規模な成長機会が創出されています。Covid-19のワクチンを作るための研究開発活動が本格的に始まっています。世界中で100万人を超える患者が発生し、160カ国以上が影響を受けており、この感染症に対するワクチンの発見が不可欠となっています。これは、市場全体の発展にとって意味のある需要を提示することになります。

抑制要因:原材料の高コスト

原材料のコスト上昇は、製造コストを引き上げ、市場の成長を制限する要因の一つとなっています。新しいワクチンアジュバントの開発コスト、アプリケーションにおけるアジュバントの高い毒性、新しいアジュバントの開発に必要な巨額の投資、厳しい規制要件は、世界のワクチンアジュバント市場の成長を妨げる要因となっています。

市場機会:研究開発の増加

ワクチンアジュバントの開発に割り当てられる資金が増加しています。ワクチン接種に対する政府の取り組みと、感染症や人獣共通感染症の高い流行が、市場の成長を加速しています。既存および新興の慢性疾患に対する改良型・長期持続型ワクチンに焦点を当てた技術的進歩の増加が、市場に十分な機会を生み出しています。

脅威:アジュバントワクチンの副作用

アジュバントワクチンは、非アジュバントワクチンと比較して、注射部位の発赤、腫脹、疼痛などの局所反応や、発熱、悪寒、体の痛みなどの全身反応を引き起こす可能性があります。アジュバントの副作用は、市場の成長を鈍らせます。また、製造コストが高いことも、市場の抑制要因となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]