流量計の市場規模、2028年に173億米ドル到達予測

流量計の市場規模は、2021年の92億2,000万米ドルからCAGR9.4%で成長し、2028年には173億米ドルに達すると予測されています。液体や気体の流量を測定するために使用される装置または器具は、流量計として知られており、使用する産業によって、フローインジケータ、フローゲージ、リキッドメーターとも呼ばれます。用途に応じて様々な流量計が販売されています。

牽引要因:プロセスオートメーション化の推進

流量計は、自動車、建設、石油・ガス、製造、化学、医療、上下水道など、さまざまな産業で使用されています。これらの主要産業が改善され、高性能な流量計に対するニーズが高まっていることが、市場の成長の一因となっています。インドや中国などの新興市場における需要の高まりは、流量計の需要全体を押し上げています。さらに、工業化の進展により、自動化とカスタマイズへの注目が高まっています。このため、流量計を含むインテリジェントな監視・制御ツールや技術に対する需要も増加しており、各国政府は、水域に排出する前に水を処理するよう産業界に法律と規制を制定しています。流量計は、システムを流れる水を定量化することで、廃水処理に使用されています。

抑制要因:景気減速と原油価格の下落

米国、イタリア、スペイン、英国、フランス、ドイツを中心とした、ほとんどの国がCOVID-19のパンデミックの影響により、製造業の操業停止を余儀なくされ、GDPが減少し、産業界の需要も急激に減少しました。この影響は、石油・ガス価格の低下と需給ギャップの拡大により、さらに強まっています。

市場機会:技術の進歩

ワイヤレスモニタリングや制御、高度なセンサー、デジタル表示器などの技術の進歩は、今後の同市場に機会をもたらすと予想されます。製品のメーカーは、モノのインターネット(IoT)を採用することで、データを自動的かつ遠隔から収集する自動検針が可能になります。このような製品の技術開発により、市場は大きな成長を遂げると予想されます。

脅威:原材料の価格変動

流量計に使用される原材料の価格は、過去に例のないレベルで変動しています。コリオリ式や磁気式流量計に関連する高コストは、市場成長を脅かす要因の一つです。また、これらの原材料の価格変動は、OEMが高品質の原材料を調達し、サプライヤーから課される納期を守ることを困難にしており、市場のコストを引き上げる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]