サンドイッチパネルの市場規模、2028年に36億米ドル到達予測

サンドイッチパネルの市場規模は、2021年の17億3,000万米ドルからCAGR11.0%で成長し、2028年には36億米ドルに達すると予測されています。サンドイッチパネルは、絶縁材料と結合剤で覆われた金属の層を接合することで製造される建設材料で、音、極端な気象条件、および突然の火災から建造物を保護することが出来ます。さらに、その耐久性とシンプルで迅速な設置は、従来の屋根パネルよりも実行可能な選択肢となっています。

牽引要因:PVDFベースのアルミニウム複合パネルに対する需要の増加

アルミニウム複合パネルは、被覆材として人気のある建築材料の一つです。PVDFベースのアルミニウム複合パネルには、何種類かの厚みがあり、高い機械的品質を有しており、多くの用途に適しています。建物、家、オフィスの建設などで、先進的で人気のある材料の使用が増加しています。発展途上国の多くは、新しい建物や構造物の建設に力を入れています。PVDFコーティングアルミニウム複合パネルは、店頭、ショッピングモール、産業施設、教育機関、広告スクリーン、看板、ディスプレイシステム、病院、建物のカーテンウォールクラッディングの装飾に使用されており、さまざまな用途分野における需要の増加が、サンドイッチパネル市場を牽引しています。

抑制要因:高いコスト

サンドイッチパネルは、民間、商業、工業用建物の屋根カバー、内壁、外壁、床などに使用され、その価格は、素材、用途、最終用途、使用する層数、厚みなど、さまざまな要因で変化する可能性があります。生産コストの増加、高価な応用技術、原材料の価格変動が市場成長の妨げになっています。

市場機会:インフラストラクチャー事業の成長

先進国および発展途上国における急速な開発と工業化に伴うインフラプロジェクトの増加が、市場に成長をもたらす重要な要因となっています。また、耐熱性、遮音性、機械的特性、不浸透性、火災時の挙動など、製品が提供する数多くの利点が市場の成長に寄与しています。さらに、これらのパネルの熱性能の向上や、省エネルギーに向けた厳しい規制の実施も、市場に十分な機会をもたらすと予想されます。

脅威:耐火性の低さ

サンドイッチパネルは、他の建築材料と比較して耐火性が低いため、市場の成長を脅かす可能性があります。さらに、遮音性にも課題があり、その構造から建物の内部に音が伝わりやすいため、雨やあられなどの騒音にさらされる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]