熱可塑性複合材料の市場規模、2028年に239億9,000万米ドル到達予測

熱可塑性複合材料(TMC)の市場規模は、2021年の147億4,000万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2028年には239億9,000万米ドルに達すると予測されています。熱可塑性複合材料は、ホットメルト含浸プロセスを用いて作られる軽量で先進的な材料で、高い熱安定性、酸化安定性、強靭性、耐溶剤性、低誘電率、耐衝撃性など、ユニークな性質を持ち合わせています。また、部品の堅牢性、優れた成形性、耐腐食性、高強度、保存性の向上などの特性も備えており、再溶解、再加工が可能なため、リサイクルや他のリサイクル材料と組み合わせて新しい製品を作ることが可能です。

牽引要因:輸送産業における熱可塑性複合材料の需要増加

輸送産業における熱可塑性複合材料の需要の増加は、全世界の市場を牽引すると思われます。熱可塑性樹脂は、CO2の排出を抑え、自動車の効率を向上させ、自動車の耐用年数も延長させます。ボンネット下のコンポーネント、外観グレードのコンポーネント、ルーフコンポーネント、ドアモジュール、フロント&エンドモジュール、インストルメントパネルなどの高性能自動車コンポーネントにおけるコンポジットの使用増が、熱可塑性複合材料市場の需要を牽引しています。

抑制要因:標準化の欠如

熱可塑性複合材料市場は、世界各国で驚異的な成長を遂げています。一方、異なる製造技術間の標準化の欠如は、市場成長を抑制する要因となっています。

市場機会:電気自動車市場の拡大

電気自動車(EV)は環境に優しく、輸送産業における二酸化炭素排出量の削減に貢献しています。ハイブリッド車や電気自動車の需要は、今後数年間で高い成長が見込まれています。熱可塑性複合材料は優れた強度を持ち、自動車の軽量化に大きな役割を果たします。そのため、電気自動車用部品として非常に有用です。この事から、電気自動車の需要の増加が、熱可塑性複合材料の消費を増大させています。現在、さまざまな企業が熱可塑性複合材料を使用した部品の開発に取り組んでいます。例えば、UNITI SWEDEN AB(スウェーデン)とKW Special Projectsは、デジタルツイン技術を炭素繊維強化熱可塑性複合材料とともに活用することで、自動車の設計と生産を再定義する予定です。

脅威:原材料の高コスト

熱可塑性複合材料の製造の原材料となる熱可塑性樹脂は、熱硬化性樹脂と比較して高価格で、総コストの大部分を占めています。また、熱可塑性複合材料の加工、製造コストも高く、その結果、最終製品の価格も高くなります。これらの高コストが、OEMが熱可塑性複合材料を使用する際の大きな制約となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]