生鮮食品包装の市場規模、2028年に1,202億5,000万米ドル到達予想

生鮮食品包装の市場規模は、2021年の826億7,000万米ドルからCAGR5.5%で成長し、2028年には1,202億5,000万米ドルに達すると予想されています。生鮮食品包装は、病原体、細菌および微生物から食品を守り、保護、安全性を提供することが出来ます。また、同時に、食材や栄養価に関する情報、食品の品質や鮮度を維持するための情報も提供することが出来ます。

牽引要因:コンビニエンスフードに対する需要の増加

簡便な食品への嗜好の高まりが市場成長の原動力となっています。この需要の主な要因には、健康的なライフスタイルへの移行と消費者の高い購買力があり、新興経済圏におけるライフスタイルの急速な変化や、消費者が調理済み食品を好む傾向なども挙げられます。

抑制要因:厳しい政府の規則と規制

食品包装に関する規制制度には、食品包装の内容物が、物理的、化学的、衛生的に維持できることを目的とした、安全要求事項が含まれます。これらの要件は、人体に有害であったり、食品の組成、味、臭いに変化をもたらす可能性のある物質を包装材料に使用することを禁止しています。

市場機会:環境に優しいパッケージング

各国政府は環境汚染の軽減に力を入れており、環境に優しいソリューションを選ぶよう促しています。パッケージング企業も、持続可能性のためこの事に注力しています。段ボール箱、ガラス、スチール、板紙など、環境に優しい包装材を提供するために、リサイクル済み包装材が広く使用されています。

脅威:厳しい政府規制

包装材料に使用される原材料に関する厳しい政府の規制が、市場成長の脅威となる可能性があります。各国の規制体制や事業に関する税制の変更は、生鮮食品包装事業の拡大において悪影響を与える可能性があり、生鮮食品包装市場の成長を制限することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]