ポリ乳酸(PLA)の市場規模、2028年に25億6,000万米ドル到達予測

ポリ乳酸(PLA)の市場規模は、2021年の10億1,000万米ドルからCAGR14.2%で成長し、2028年には25億6,000万米ドルに達すると予測されています。ポリ乳酸材料は、トウモロコシのでんぷんやサトウキビなどの再生可能な資源から得られるもので、他の生分解性ポリマーと比較して、安価で有益な機械的特性を備えているため、人気のある材料となっています。

牽引要因:環境に優しいプラスチック製品への消費者の嗜好

持続可能なプラスチックソリューションに対する消費者の意識の高まりと、生分解性のない従来のプラスチックの使用を廃止する取り組みが、PLA市場の成長に寄与しています。従来から使用されている石油系プラスチックは、分解や劣化に数十年かかり、長期間埋立地に放置されます。PLAは、廃棄後に分解が進み、自然システムに戻って吸収されます。さらに、微生物の活動による生分解性プラスチックの分解速度は、従来のプラスチックよりもはるかに速いものです。

抑制要因:原料価格の変動

ポリ乳酸の製造に必要な原料価格は、ここ数年変動が激しく、商品価格が影響を受けることが予測されます。原材料、輸送、消費エネルギー、化学物質のコスト上昇により、生産コストが大幅に上昇しており、メーカーのマージンの減少につながっています。

市場機会:ポリ乳酸の多機能性

ポリ乳酸は、工業製品の加工において触媒としての役割を担っており、通常、バルクの工業用途に使用されてきました。また、食品・飲料や医薬品の分野を中心に、有毒な化学物質やプラスチックの代替品として使用されるようになっており、市場を拡大させています。さらに、その用途は、バイオポリマーやパーソナルケア・化粧品の成分などと、広まりを目の当たりにしています。

脅威:発展途上国での技術の欠如

ポリ乳酸市場は、アジア、アフリカ、南米などの新興国市場において非常に強固なものとなっています。一方、同地域の中小企業において、高品質な抽出や発酵に必要な資源や技術・設備がないことが課題となっています。そのため、適切な技術や知識の欠如が、発展途上地域におけるポリ乳酸の使用を制限することになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]