スマートリテールの市場規模、2028年に1,378億7,800万米ドル到達予測

スマートリテールの市場規模は、2021年の278億661万米ドルからCAGR25.7%で成長し、2028年には1,378億7,800万米ドルに達すると予測されています。スマートリテールは、ショッピングの際に、より速く、よりスマートに、安全なサービスを顧客に提供するために設計された一連の技術で構成されています。小売業者は、顧客の行動や要求を認識するために調査を実施して、顧客を引き付けるためのソリューションを導入しています。このようなテクノロジーを活用することで、より良いブランドイメージを確立し、売上を伸ばすことができます。

世界的な小売セクターの拡大

世界的な小売セクターの拡大は、スマートリテール市場の成長を促進する主な要因となっています。利便性を高めるためのロボットやオートメーションが増加し、顧客の期待に対応するため、小売業者によるスマートテクノロジーの利用が増えています。同時に、ビッグデータ分析、ブロックチェーン、機械学習、人工知能技術の採用などが、市場にプラスの影響を与えています。

強化された顧客体験へのニーズとスマートフォンの普及

小売業者は、消費者の買い物体験の強化に一層注力しています。消費者のニーズを分析し、パーソナライズされた体験を生み出すための、人工知能、チャットボット、IoTなど、スマートリテール技術の急速な展開が、市場の成長につながっています。最近の顧客は、実店舗やオンラインでの購入前に、在庫の有無や価格、商品の特徴、おすすめポイントなどの詳細を知ることを望んでいます。IoTのようなスマートリテールでは、スマートフォンを使用することで、パーソナライズされたショッピングコンテンツを作成し、ショッピング体験を豊かにすることができます。スマートフォンの普及やインターネット利用の拡大とともに、スマートリテール技術の幅広い導入が進み、最終的にスマートリテール市場の成長を後押ししています。

自動化とロボティクスの採用

市場の成長を促進する重要な要因は、リアルタイムのデータ分析における技術開発と、小売セクターにおける自動化とロボット工学の採用拡大が、スマートリテールの需要を世界的に高めていることです。また、AR、VR、AI、IoTの普及と製品発売の増加は、ビジネスオペレーションとして、顧客体験を改善するのに役立ち、小売市場の需要をさらに促進することになります。例えば、2021年6月、Qualcommは、小売業全体の新しいIoTデバイスをサポートするため、7つの新しいチップの設計を発表しました。さらに、エンドユーザーにより多くの満足を提供するため、新興市場における店舗数の増設と、ベンダーによる戦略的開発を増加させることで、小売業界の成長を推進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]