構造用鋼の市場規模、2028年に1,465億3,000万米ドル到達予測

構造用鋼の市場規模は、2021年の894億8,000万米ドルからCAGR7.3%で成長し、2028年には1,465億3,000万米ドルに達すると予測されています。構造用鋼は、建設業界の建材として使用され、さまざまな形状や品質で溶接されています。異なる断面形状の長い梁のような形で、中空構造、I形鋼、T形鋼など、さまざまな形状で使用されています。これらの鋼材は、高い引張強度、延性などの特性を持ち、容易に製造することができます。構造用鋼は、主に低張力コンクリートの補強材として使用されています。

牽引要因:住宅開発の成長

老朽化した住宅用アパートを建て替える垂直型開発モデルの拡大が、製品需要の原動力になっています。政府は、自然災害時の事故を回避するために古いアパートを取り壊す方針を示しており、都市開発計画のもと、市民施設や新築住宅の建設が増加し、構造用鋼の市場価値を高めています。梁や柱を含む構造システムが、住宅の建設に利用されおり、所得水準の向上と都市化により、住宅とその他建設プロジェクトの増加につながっています。

抑制要因:構造用鋼の利点への認知度の低さ

一方、建設業界における構造用鋼の利点に関する認知度の低さが、市場成長の妨げになると予想されます。また、技術的な専門知識の不足が、今後、同市場の課題となることが考えられます。

市場機会:建設用重構造鋼材の需要増加

高速道路、橋、建物、公共事業へのインフラ支出の増加は、構造用鋼全体の市場価値を高めています。政府および民間の資金援助によるスマートシティプロジェクトの急増により、構造用鋼製品の利用が拡大しています。鋼管は円筒形の管で、鉄鋼業で広く利用されています。鋼管の主な用途は、石油、ガス、水などの製品の長距離輸送です。重構造用鋼材は、ユニバーサルビーム、ユニバーサルコラム、パラレルフランジチャンネル、ユニバーサルジョイント、レール、イコールアングルなどの製品に利用されます。

脅威:原材料の価格変動

変動する原材料費は、構造用鋼市場の成長を抑制する最大の要因であり、構造用鋼の市場価値を低めることにつながります。構造用鋼は高価な難燃処理を必要とし、屋外環境では腐食の影響を受けやすい製品です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]