紫外線(UV)安定剤の市場規模、2028年に17億3,000万米ドル到達予測

紫外線(VU)安定剤の市場規模は、2021年の11億4,000万米ドルからCAGR6.2%で成長し、2028年には17億3,000万米ドルに達すると予測されています。紫外線安定剤は、紫外線への暴露による劣化を避けるために製造された装置で、太陽光の紫外線に短時間または長時間さらされた場合のシールドとして機能します。また、化粧品やフィルムを含むプラスチックのコーティング剤として、紫外線による長期劣化から物質を保護する作用があるため、需要が増加しております。光劣化は、プラスチックやポリマーを長時間紫外線にさらすことで、変色、強度低下、伸び縮み、チョーキングなどの物性劣化が起こるため、メーカーは紫外線にさらされる部品を保護し、損傷を防ぐために紫外線安定剤を使用しています。

牽引要因:包装業界における需要の高まり

紫外線安定剤は、太陽光や厳しい気候条件にさらされる包装材料に保持特性を付与し、その品質と耐久性を維持することができます。包装材料の長期耐久性は、紫外線安定剤市場を牽引する主な要因です。紫外線安定剤は、食品や飲料、その他の消費者製品、化粧品、医薬品の包装に主な用途を見出します。世界のパッケージング市場の成長は、主に食品・飲料、小売、ヘルスケア産業が牽引しています。

抑制要因:原料価格の変動

紫外線安定剤の製造工程では、CDON、CYC、塩化ベンゾイル、ベンゼン、塩化アルミニウム、亜硝酸ナトリウム、酢酸、TAA、3-ベンザフタリドなど、さまざまな原材料が使用されます。原料は、最終用途の要求と仕様に基づいて選択されます。変動が激しい原料市場は、CDON、CYC、ベンゼン、塩化アルミニウム、アミンなどの価格変動に大きな影響を受けます。特にCDON、CYC、および塩化物の原材料の入手可能性と価格は変わりやすく、価格の上昇は製造コストに悪影響を与える可能性があります。

市場機会:紫外線安定剤におけるナノコンポジットの使用増加

ナノテクノロジーは、紫外線安定剤市場で大きな役割を担っています。ナノコンポジット材料は、コーティングされた製品の紫外線安定性と耐傷性を向上させることで、コーティングシステムの特性を強化する機能を備えており、TiO2、ZnO2、CeO2などのナノサイズの酸化物は、コーティングされた基材の寿命を延ばすために無機UVAとして使用されています。ナノサイズのZnO2は良好な広帯域UVAであり、CeO2はUV-B領域で高い効率を示しています。これらのナノベースのコンポジットは、溶剤系と水系コーティングシステムの両方で使用されるため、紫外線安定剤に使用することが容易です。従来のUVAは有機安定剤であり、劣化しやすいため、ナノベースの無機UVAは長期的な保護が可能であるという利点があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]