フィンテックにおけるAIの市場規模、2028年に326億8,116万米ドル到達予測

フィンテックにおける人工知能(AI)の市場規模は、2021年の82億1,801万米ドルからCAGR21.8%で成長し、2028年には326億8,116万米ドルに達すると予測されています。フィンテックにおけるAIは、人間の知性に由来する技術を人間を超えるスケールで適用することで、より良い結果を獲得することが出来ます。過去数年間の計算機上の軍拡競争は、フィンテック企業に革命をもたらしました。AIと機械学習は、顧客に関する膨大な量の情報を開発するため、銀行やフィンテックを獲得し、このデータと情報を比較することで、顧客が求める適切なサービスや商品に関する情報を獲得し、顧客との関係を発展させる上で役立てています。

牽引要因:企業のコスト削減と効率化

フィンテックにおける人工知能は、企業のコスト削減、プロセスの自動化、ミスの低減を可能にしています。AIチャットボットは、営業、電話でのカスタマーケア、オンラインチャットなど、さまざまな用途のカスタマーアシスタントとして企業に利用されています。AIは、リーズナブルであると同時に、エラー発生の可能性が非常に低いため、小規模な金融会社にも機会を与えています。また、キャッシュフローや収入と支出に関する情報は、企業の経費削減に役立つため、エンドユーザーからの支持を集めています。

抑制要因:データプライバシーに関する懸念

AIの最大の課題は、ほとんどのフィンテック企業が直面している、データのプライバシーとセキュリティに関するデリケートな問題です。フィンテック分野は、データ漏洩やセキュリティの失敗があれば取返しのつかないことになるため、規制やガバナンスへの厳格なコンプライアンスに支配されています。企業はより多くの消費者やベンダーのデータを、AIを駆使した高度なアルゴリズムに送り込み、消費者や従業員が知らないうちに、新たな機密情報を作り出しているため、プライバシーに関する懸念が表面化しています。これは、消費者データの収集がビッグデータの課題の最前線にあるリテールバンキング分野で特に顕著です。このようなデータ・プライバシーに関する懸念は、銀行セクターにおけるAIの採用を妨げる可能性があります。

市場機会:新しい技術の進歩

最大のサイバー犯罪の1つはクレジットカードの不正使用です。このため、企業は新世代のアルゴリズムである畳み込みニューラルネットワークを設計し、視覚皮質(人体の視覚野の特定の領域に敏感な細胞の小さなセグメント)をベースにしています。これは、エッジ、端点、コーナーなどの視覚的特徴による抽出を可能にします。この技術は、個人の支出データを研究することで、情報に基づいて、クレジットカードの直近の取引や、他の誰かが不正にクレジットカードのデータを使用しているかを判断することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]