バイオインフォマティクスの市場規模、2028年に330億4,000万米ドル到達予想

バイオインフォマティクスの市場規模は、2021年の108億8,000万米ドルからCAGR17.2%で成長し、2028年には330億4,000万米ドルに達すると予想されています。バイオインフォマティクスは、生物学と情報技術の組み合わせであり、生物データを情報の保存、配信、解析のための技術と結び付け、生物医学を含む科学研究の複数の分野をサポートしています。

牽引要因:バイオインフォマティクスへの資金提供の増加

多くの政府機関や民間企業が、データと最新技術によって高品質のソリューションやサービスを実現するために、バイオインフォマティクス分野への投資を増やしています。これらの投資は、バイオインフォマティクスサービスにおけるデータと技術の進歩に大きく貢献し、ひいてはサービスの質を向上させています。また、多くの国では、遺伝学と疾病の関連性を理解するために、国家人口配列決定プログラムに投資しています。政府機関は、研究を進め、病気の診断や治療のより良い方法を開発するために、数百万人の国民のゲノムの配列決定を行っています。

抑制要因:バイオインフォマティクスの高いコスト

高度なNGS技術の進歩に伴い、ユーザーフレンドリーで高速かつ正確なバイオインフォマティクスツールに対する需要が高まっています。その結果、バイオインフォマティクス・プラットフォームを使用するためのユーザーフレンドリーなツールを提供することが重要となっています。バイオインフォマティクスのアプリケーションの多くは、ユーザーフレンドリーなインターフェースがないため、高度なコンピュータ能力を必要とします。製薬会社や研究機関では、様々なゲノム解析機器が必要なため、多くの費用がかかっています。中小の製薬企業や研究施設は、資金的な制約から、ゲノム機器に多額の投資をすることができません。

市場機会:ビッグデータ技術の進化

ビッグデータ技術は、あらゆる産業で重要性を増しており、政府や民間企業が収益向上のために多数利用しています。この技術は急速に進化しており、正確な予測分析が可能になっています。このビッグデータの進化は、現在の医療問題をより詳しく調べ、より良い治療のための新しいアプローチを開発することを可能にし、バイオインフォマティクスの台頭に拍車をかけています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]