ジャガイモでんぷんの市場規模、2028年に61億米ドル到達予測

ジャガイモでんぷんの市場規模は、2021年の41億4,000万米ドルからCAGR5.7%で成長し、2028年には61億米ドルに達すると予測されています。ジャガイモでんぷんは、デンプン粒を含むジャガイモ植物の根塊の細胞から抽出され、柔らかく、無臭、無味の粉末で、食品産業において、炭水化物の供給源や増粘剤として使用されます。

牽引要因:でんぷん原料の需要増

でんぷんは数多くの用途で使用されており、食感特性を付与し、ゲルやフィルムの形成を助けることから人気を博しています。これらのでんぷんは、様々な産業用途において、その性能を向上させ、機能的特性を付与するために化学的または物理的に改質することが求められています。また、従来のでんぷんの物理的・化学的特性は、より改質されており、改質澱粉と呼ばれています。

抑制要因:様々な代替品の利用可能性

ジャガイモでんぷんの代替品として、トウモロコシ、小麦、米、アロールート澱粉など、多くの選択肢が市場に溢れています。これらのでんぷんは、栄養成分や化学成分に基づいて、ジャガイモでんぷんとの類似点と相違点があり、要件に応じてジャガイモでんぷんの代用品とすることができます。代用品には、ジャガイモでんぷん以上の利点を持つものもあり、入手も簡単なため普及が進んでいます。

市場機会:グルテンフリーの代替品に対する需要の高まり

食品業界は異例のスピードで進化しており、最終製品に対する消費者の要求が常に進化していることに起因している。食品業界、特にベーカリー業界では、グルテンタンパク質の容易な供給源である小麦粉の利用が最も多いため、グルテンフリー食品への需要が増加しています。ジャガイモでんぷんは、特にベーカリー用途において、小麦粉の代替品として効果的で、物理的な外観や化学成分において小麦粉と大差ないが、一方でグルテンはいっさい含んでいません。

脅威:生産工程に関わるオペレーション上の課題

製造業における技術や生産プロセスの発展に伴い、ジャガイモでんぷんの生産は非常に競争の激しい市場となっています。高度に技術化した生産プロセスとともに、高品質な製品に対する消費者の要求も高まっています。また、様々な食品、飼料、工業用として、量的にも高い需要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]