PETおよびPBT樹脂の市場規模、2028年に537億4,000万米ドル到達予測

ポリエチレンテレフタレート(PET)およびポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂の市場規模は、2021年の311億6,000万米ドルからCAGAR8.10%で成長し、2028年には537億4,000万米ドルに達すると予測されています。ポリエチレンテレフタレートはリサイクル可能なポリエステルであり、他の熱硬化性材料と比較して多くの用途で使用されています。この再利用可能という利点は、コスト面で優位に立つのに役立っています。PETのリサイクルにより、PETボトルの消費量が増え、PET樹脂の需要に貢献しています。

牽引要因:リサイクル性の高いプラスチック樹脂

ポリエチレンテレフタレートはリサイクル性の高いプラスチックであり、世界中で広く使用されているリサイクルプラスチックです。飲料やFMCGの主要メーカー各社は、プラスチック包装にリサイクル材を50%配合することを公約しており、食品グレードの認定を受けたリサイクル材料の需要は増加するものと思われます。

抑制要因:原料価格の変動

原油や石油化学製品の価格変動により、原材料のコストが上昇しています。ポリエチレンテレフタレート樹脂の価格は、市場の動きによって決まり、原油価格に影響されます。原料価格の変動は操業コストを上昇させ、結果として最終製品の価格を高くします。PET樹脂は原油から製造されるため、原油価格の変動はPET樹脂の価格に影響を及ぼします。

市場機会:持続可能なパッケージングソリューションへの高い要求

環境汚染に対する懸念の高まりにより、再生プラスチックを含む持続可能なパッケージングソリューションに対する需要が高まっています。パッケージングメーカーは、リサイクルや再利用が可能な、環境に優しいパッケージング製品の開発に注力しています。これらのメーカーは、研究開発活動や技術に投資して、費用対効果が高く、製品の保護レベルが高いパッケージングソリューションを開発しており、市場に十分な機会を提供しています。

脅威:再生プラスチックのコスト

バージンプラスチックの製造に必要な原料は、石油や天然ガスなどの石油化学製品です。また、プラスチック製品を製造する際には、充填材や着色料など多くの添加物が加えられます。通常、リサイクル業者は、プラスチックに添加され、リサイクル製品の製造に含まれる成分について認識していません。プラスチックの選別は、安価な石油化学製品から新しいプラスチック製品を製造するのに比べ、非常に手間とコストがかかる作業です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]