デジタルパソロジーの市場規模、2028年に20億5,063万米ドルに到達予測

デジタルパソロジーの市場規模は、2021年の7億6,159万米ドルからCAGR15.2%で成長し、2028年には20億5,063万米ドルに達すると予測されています。デジタルパソロジーは、デジタルスライドから生成された情報の管理を支援する、コンピュータ対応の画像ベースの情報プラットフォームで、人為的なエラーを削減しながらも、正確な診断結果を短時間で作成することを可能にします。デジタルパソロジーのプロセスは、ルーティンワークを速める一方で、各タスクの実行基準を下げないようにします。

牽引要因:デジタルパソロジーの技術的進歩

デジタルパソロジーの技術的進歩は、効果的な結果を提供するために、診断テストの限界を克服するのに役立ちます。疾患診断のために組織スライドを手作業で解釈することは、コストと労力がかかり、診断結果に誤差や不整合が生じ、診断失敗のリスクが高まり、意思決定プロセスの妨げとなります。デジタルパソロジーシステムは、短時間で大量のスライドを診断ミスなく分析することができます。

抑制要因:デジタルパソロジーシステムの高いコスト

高度なデジタル病理システムに関連する高コストは、デジタル病理市場の成長を抑制することが予想されます。テレパソロジーやホールスライドイメージングのためのデジタルパソロジーシステムの平均コストは、低資源環境の発展途上国にとって手が届かないものとなっています。さらに、デジタルパソロジーシステムは、データを保存するための大容量メモリなどの高価なインフラを必要とするため、その利用が制限され、市場の成長を抑制する要因となっています。

市場機会:手頃なスキャナーの導入

手頃な価格のスキャナーの開発が、デジタルパソロジー市場に参入するプレイヤーに成長機会を提供しています。個人開業医の多くは小規模企業であり、高価なデジタルパソロジーシステムを購入する余裕はありません。手頃な価格のスキャナーの導入と、小規模事業者が病理ワークフローのデジタル化に取り組む傾向は、限られた予算の病理医がデジタルパソロジー技術を採用する助けになります。

脅威:訓練を受けた病理医の不足

病理医は、病気の診断に不可欠な臨床検査を実施する上で重要な役割を担っています。しかし、世界的に病理医の需要と供給の間にギャップがあります。デジタルパソロジーの導入により、医療従事者は地理的な境界を越えて重要な情報を安全かつタイムリーに共有することが可能になります。さらに、AIや機械学習などの先進技術は、病理医がより早く病気を特定し、その有効性と効率性を高めるのに役立っています。一方で、病理医の不足が、今後の市場の脅威になる可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]