高性能フッ素樹脂(HPF)の市場規模、2028年に68億米ドル到達予測

高性能フッ素樹脂(HPF)の市場規模は、2021年の37億6,000万米ドルからCAGR8.8%で成長し、2028年には68億米ドルに達すると予測されています。高性能フッ素樹脂は、高性能な材料特性を持つポリマーを構成するフルオロカーボンで、高温における優れた耐薬品性、高い電気絶縁性、優れた機械的・熱的安定性などの特性を持ち、航空・自動車、電気・電子、工業処理、医療などの最終産業向けに採用されています。

牽引要因:最終用途産業における高い発展性

工業処理、自動車・航空宇宙、医療、電気・電子などの分野において優れた特性を持つことから、HPFは広範囲に使用されています。これらの産業は急速に成長しており、同市場の需要を押し上げています。高耐熱性、軽量、高い寸法安定性、優れた耐薬品性により、自動車産業での需要が特に高まっています。また、自動車の性能と耐久性を向上させるために、エンジン部品に使用されており、自動車や航空宇宙分野では、内装・外装部品の製造に使われています。この市場においては、高温、低温の条件下での用途に耐えることが要求されます。航空宇宙工学では、軽量な素材が多く使用されるため、軽量性、温度、難燃性、耐摩耗性、耐薬品性、柔軟性、非溶出性を完璧に兼ね備えたHPFが必要とされています。

抑制要因:高性能フッ素樹脂のコスト高

高性能フッ素樹脂の開発は、PEやPPなどの他のプラスチックよりも難しいため、非常に高い投資を必要とします。また、製品化には高度な技術力が必要とされ、その製造にはコストがかかり最終製品も高価になります。価格が高いため、ローエンドのアプリケーション分野での需要が制限されることとなり、市場全体の成長も制限されます。また、生産コストの高さから、中堅・中小企業の参入が阻まれ、市場規模は縮小しています。

市場機会:溶融加工可能なフッ素樹脂の市場開拓

溶融加工可能な熱可塑性フッ素樹脂は、発展途上のアプリケーションからの需要により、今後はPTFEよりも高い成長を見せることが予測されます。フィラーや顔料などの添加物を配合することで、高機能化や特性の向上を実現し、電線・ケーブル、半導体・電子部品、バルブ・継手・ポンプハウジング、チューブ・パイプ、特殊フィルムなどの用途用に、市場成長の見通しが高まると考えられます。高性能フッ素樹脂は、工業処理、輸送、電気・電子、医療など、多くの最終用途産業における極限温度用途で使用されています。また、消費財、機械部品、医療機器、包装・保管材料など、幅広い用途に使用されており、溶融加工が可能な熱可塑性であることから、鉄、アルミニウム、木材といった従来の材料の代替品として注目されています。フッ素樹脂は、耐薬品性や耐衝撃性に優れ、高い強度対重量比を有しており、設計の自由度も高い素材です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]