アクリルポリマーの市場規模、2028年に8億9,474万米ドル到達予測

アクリルポリマーの市場規模は、2021年の5億9,114万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2028年には8億9,474万米ドルに達すると予測されています。アクリルポリマーエマルジョンは、アクリルポリマー液滴を水中で乳化させた後、重合させる複合重合プロセスによって製造され、アクリル酸エステルの機能により、柔軟性があります。また、揮発性化合物(VOC)の発生が少なく、安定性に優れているため、建築・建設、塗料・コーティング、繊維などの最終用途に適しています。

牽引要因:施設・産業用クリーニングでの使用拡大

アクリルポリマーは、洗濯・洗剤、施設・産業用クリーニング、硬質表面クリーニング、その他のクリーニング用途で使用されています。洗濯用途では、製造業、ヘルスケア、小売業、接客業などの産業の成長において非常に重要な役割を果たしています。製造業、接客業、食品加工業で、衛生状態を保つことは、製品の品質を高めるだけでなく、働く人の健康にも有効です。これらの産業はすべて、今後数年間で急速に成長することが予測され、洗浄用途のアクリルポリマーの需要を促進することが期待されます。

抑制要因:溶剤系アクリルポリマーの健康・環境問題

溶剤ベースのアクリルポリマーが人体や環境に与えるマイナスの影響が、市場の成長を制限しています。塗料系に存在するVOCは、人体だけでなく環境にも有害です。塗料は、乾燥または硬化の段階でVOCを放出し、VOCにさらされることで、頭痛、アレルギーや喘息反応に至るまで、身体への劣化作用があります。溶剤系アクリルポリマーは、頭痛、めまい、ふらつきから、意識障害、痙攣に至るまで、深刻な健康被害をもたらし、鼻や目、のどを刺激し、心臓や肺などの重要な臓器に負担をかけることもあります。溶剤系システムの使用は、その有害な影響への懸念から当局によって厳しく規制されているため、建築・建設分野を中心に需要が低迷しています。

市場機会:生物学的に持続可能な製剤への要求の高まり

全世界的に、生態系の持続可能性は、政府だけでなく産業部門にとっても最大の目標となっています。このため、製造業界ではバイオベースの環境に優しい、あるいは毒性の低い製品を使用する方向に進んでいます。先進国ではリン酸塩ベースの洗剤の使用が禁止されているため、代替品への需要が大幅に高まっています。この点で、アクリルポリマーは、リン酸塩バインダーの代替品としてより優れているとされています。世界中で持続可能で環境に優しい洗浄剤への需要が高まっていることが、今後のアクリルポリマー市場を牽引することになると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]