放射線皮膚炎の市場規模、2028年に7億6,824万米ドル到達予測

放射線皮膚炎の市場規模は、2021年の5億757万米ドルからCAGR6.1%で成長し、2028年には7億6,824万米ドルに達すると予測されています。放射線皮膚炎は、がん治療や特定の皮膚疾患のために使用される放射線療法を受けている人に見られる皮膚症状で、一般的に、かゆみ、赤み、剥離、痛み、水疱などが見られます。治療部位や標的部位への毎日の累積的な放射線量は、正常な皮膚の再増殖を阻害し、放射線照射部位やその周辺の皮膚の完全性を低下させます。

牽引要因:癌の有病率の増加

乳がんや頭頸部がんなど、特定の種類のがんの発生率は上昇しています。これは、乳がんの場合は肥満、頭頸部がんの場合は喫煙などのライフスタイルの乱れが原因です。これらのがんは、その部位に放射線を照射して治療するため、放射線皮膚炎を発症しやすくなります。生活習慣の乱れによる特定の癌の急増と相まって、癌患者の放射線皮膚炎を発症する可能性が高まっています。

抑制要因:高い放射線皮膚炎コスト

放射線皮膚炎治療の高コストは、今後数年間、市場にマイナスの影響を与える可能性があります。発展途上国では、がん治療にかかる費用の負担が懸念され、治療費の高騰が財源の制約につながっています。そのため、特に蜂蜜含浸ドレッシングやシリコーンドレッシングなどのドレッシング製品の高コストが、同市場の成長を抑制する可能性があります。

市場機会:医療施設の大幅な拡大

近年、多くの国でバイオテクノロジーや製薬企業の進出が進んでいます。また、アジアの人々の間では、生活の質を向上させることに対する意識が広く高まっています。さらに、APAC(アジア太平洋)地域では、皮膚がんや乳がんなど、慢性疾患の負担が非常に大きくなっています。同地域での放射性皮膚炎の罹患者が増加することで、産業全体の市場機会を創出することが予測できます。

脅威:より良い放射線治療機器の導入

放射線皮膚炎の重症度や発症の可能性は、患者由来と治療由来のものがあります。治療に関連する要因としては、放射線照射の種類や質、治療野の位置や大きさなどが挙げられます。強度変調放射線治療(IMRT)や陽子線治療などの最新の放射線治療技術は、腫瘍をより正確に捉えることにより、放射線皮膚炎のリスクを低減することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]