水産飼料の市場規模、2028年に1,000億2,000万米ドル到達予測

水産飼料の市場規模は、2021年の599億3,000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2028年には1,000億2,000万米ドルに達すると予測されています。水産飼料は、天然または合成の原料から供給される原材料、添加物、その他のサプリメントの混合物で、一般的に、大豆粕、魚粉、魚油、鯉などを使用して養殖魚に与えられます。

牽引要因:水生動物における伝染病の増加

伝染病は水産養殖業に重大な資源の損失と問題を引き起こす可能性があります。エビや魚類に対しては、細菌性疾患を検出し、治療のために抗菌剤の使用を増やしています。抗菌剤は、ヒトや動物の感染症の臨床管理に使用される化学療法剤で、動物の健康に害を及ぼす微生物の増殖や代謝を抑制します。さらに、抗生物質は全身の成長を促進し、混みあった環境下でも健康な状態を保つことができます。一方、抗生物質の過剰な使用は、耐性の抗体を作る可能性があり、エビ、魚、クルマエビの薬剤耐性菌の発生を受け、各国は飼料や添加物に含まれる抗生物質の使用を制限する規制を策定しています。医療技術の進歩により、植物由来の代替抗生物質が開発されています。

抑制要因:原材料の高コスト

飼料の調合に使用される原材料の価格の高止まりは、市場成長を制限する可能性があります。例えば、大豆やトウモロコシなどの原材料の価格が大幅に上昇すると、製品の最終価格に直接影響を及ぼし、製品の販売が制限される可能性があります。さらに、ベジタリアン食を選ぶ人の増加により、魚の需要が減少することが予想され、市場にマイナスの影響を与える可能性があります。

市場機会:研究開発活動への投資増

革新的な製品の研究開発に対する市場関係者や団体による投資は、市場の成長にプラスの影響を与えます。例えば、ミルクフィッシュ・水産飼料研究・開発・拡張プロジェクト(RDEP)がGuiuanで開始されました。この新しいプロジェクトは、市場における既存の飼料コストの高騰に対抗するため、魚の飼料原料の代替品を開発することを目的としています。新しい代替品は、魚の飼料の主成分として植物性タンパク質を使用します。企業は、製品ポートフォリオと消費者向け製品を多様化するために、M&A に乗り出しており、例えば、ワシントン州に拠点を置く飼料・原料会社のWilbur-Ellis社は、米国を拠点とする飼料の生産・販売会社であるRenger社の買収を発表しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]