炭化ケイ素(SiC)繊維の市場規模、2028年に22億7,690万米ドル到達予測

炭化ケイ素(SiC)繊維の市場規模は、2021年の4億7,750万米ドルからCAGR 25.0%で成長し、2028年には22億7,690万米ドルに達すると予測されています。炭化ケイ素繊維は、炭化ケイ素の分子で構成されており、優れた剛性、引張強度、耐薬品性、低熱膨張性を備え、多くは、矢島式、化学気相成長法(CVD)、レーザー駆動化学気相成長法(LCVD)などで製造されます。

牽引要因:航空宇宙産業からの需要増

炭化ケイ素(SiC)繊維は、直径5~150マイクロメートルの炭化ケイ素の分子で構成されており、耐熱性、化学的安定性、高弾性率、軽量性、耐久性などの優れた特性を持っています。これらの特性から、航空宇宙分野では、タービン用ナノチューブ、熱機関用断熱材、セラミックマトリックス複合材、金属合金の代替など、幅広い用途で使用されています。さらに、航空機エンジンの軽量化と燃費の向上にも貢献し、航空機メーカーに環境面と経済面でのメリットをもたらします。

抑制要因:COVID-19の大流行によるサプライチェーンの混乱

COVID-19は、炭化ケイ素繊維業界のサプライチェーン全体に混乱をもたらし、100カ国以上が国境を閉鎖しました。さらに、主要経済圏では非必需品の生産がほぼ停止状態に陥っており、Boeing社とAirbus社は生産を縮小し、材料メーカーは製造能力の不足を余儀なくされています。米国、日本、フランス、中国、ドイツなどの主要な航空宇宙国や軍事国では操業停止の結果、炭化ケイ素繊維の需要が減少しています。

市場機会:非酸化物系炭化ケイ素繊維

炭化ケイ素繊維の需要が急増していることから、近年、メーカーと投資家の両方が同産業に注目しています。また、炭化ケイ素繊維を高温環境下でより効果的に使用するための研究開発活動も活発化しています。例えば、NASAの研究者は、最高3200℃の温度に耐えられる非酸化物炭化ケイ素繊維であるSylramic-iBNの特許を取得しました。さらに、BJS Ceramics GmbHやFraunhofer高温軽量化建設HTLセンターなどの大手炭化ケイ素繊維メーカーが、ドイツのバイロイトにある工場を拡張し、地域の非酸化物炭化ケイ素繊維のニーズを満たしています。

脅威:サプライチェーンを維持した生産能力

標準化されたベンチマークシステムの使用は、打撃を受けている航空機セクターの活用に役立ちます。業界の最大の問題は、フル稼働で生産を再開し、収入減による被害を補うことです。また、新型コロナウイルスの流行により、国内外の国境が閉鎖されたため、世界の航空機産業が影響を受け、サプライチェーンが寸断されました。この産業の現在と将来のシナリオで最も困難なことは、国境や製造拠点を越えて材料や部品を移動させるグローバルサプライチェーンの流れを確保することです。さらに、航空機分野では、原材料の調達を補う必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]