産業用PCの市場規模、2028年には77億8,000万米ドル到達予測

産業用パーソナルコンピュータ(PC)の市場規模は、2021年の46億米ドルからCAGR7.8%で成長し、2028年には77億8,000万米ドルに達すると予測されています。産業用PCは、温度、湿度、水分、粉塵などの過酷な環境下で動作するように設計されたコンピューティング・プラットフォームで、処理、ストレージ、通信の面で個人および商業的に使用されるデスクトップPCと類似しており、柔軟なインターフェースを提供します。これらのPCは比較的高価で、信頼性が高く、効率的で、消費電力が少なく、長い耐用年数を持ちます。

牽引要因:製造業による産業用IoTの高い需要

複数の業種にまたがる製造企業は、リソースとコストを最適化するために、自社の拠点で産業用IoT(IIoT)を積極的に導入しています。これにより、インテリジェントなデバイスのネットワークを通じてつながることで、製造工場を自動化したり、データ取得やプロセス制御のために産業用PCを使用して大量の製造データを生成したりすることができます。2021年2月、Ciscoはan Avnet Company,のニューアークと提携し、北米の顧客に過酷な環境に対応した産業用IoTネットワークソリューションを提供しました。先進的な産業用PCは、生産性、効率、稼働率の向上を実現するために製造業で使用されており、主にデータ収集やプロセス制御アプリケーションに使用される産業環境向けに設計されています。これらのPCは、データ、人、機械をリアルタイムで接続し、製造オペレーションを制御するのに役立ちます。

抑制要因:高い初期投資

産業用PCは、製造工場の生産性と効率性を向上させるために、リアルタイムでの計画、制御、監視を支援します。これらのPCは、製造工場のオペレーション、供給、流通活動をより良く可視化し、エンドユーザーの需要パターンに基づいたより良い情報を提供することができます。一方、新興企業や中小企業では、その調達に必要な高額な投資を行うことができず、工場で採用されている最も高価なプロセスの一つである自動化プロセスに使用しています。研究開発、予防保守、修理など、多くの予期せぬ費用が、オートメーション導入による実際のコスト削減を上回ってしまう可能性があります。産業用PCの操作に関連するトレーニング費用や、占有するスペースが、市場の拡大を抑制しています。

市場機会:スマート・マニュファクチャリング・ソリューションの展開の拡大

スマート・マニュファクチャリング・ソリューションの需要は、製造業全般にわたる高度な技術、急速な工業化、インフラ整備によって拡大しています。世界的な需要増に対応するため、再生可能エネルギーなどの代替エネルギーへの注目度が高まっています。そのため、いくつかの製造業は、再生可能エネルギープロジェクトに多額の投資を行っています。国連環境計画(UNEP)によると、新たな再生可能エネルギー容量に対する世界の投資額は2019年に2兆5,000億米ドルを越えました。再生可能エネルギー分野の成長に伴い、産業用PCの需要も今後増加することが予想されます。増大するエネルギー需要は、効率的な電力生産によってのみ満たすことができ、そのためには、効率性の向上、生産設備の柔軟性、オペレーターによる綿密な監視が必要となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]