プラスチック加工機械の市場規模、2028年に476億9,000万米ドル到達予測

プラスチック加工機械の市場規模は、2021年の317億1,000万米ドルからCAGR6.0%で成長し、2028年には476億9,000万米ドルに達すると予測されています。プラスチックは、製造および包装の重要な要素として浮上しており、柔軟性、軽量性、低密度、バリア性、耐久性、断熱性、省エネ、耐候性、美観などの優れた特性を発揮します。産業および包装部門におけるプラスチック加工が増加しており、多様なプラスチックがさまざまな加工機械で製造されています。プラスチック加工の毒素耐性と汚染物質のない特性が、包装業界全体を牽引しています。成形技術の進歩により、加工機械のアプリケーションの範囲は、ジョイント、構造部品、ブレーキ部品、ハウジングユニット、燃料タンク、サスペンション、エンジンフレームなど、複雑な部品にまで拡大しています。

牽引要因:材料の精密さ

プラスチック加工機械は、非常に複雑な部品の製造に最適です。他の技術に比べ、精度が高いため、消費者は非常に小さな許容誤差でより多くの機能を組み込むことができます。プラスチック加工機械で使用される技術は、複雑なデザイン作成や、部品に細工を追加することを可能にします。射出成形の金型には高い圧力がかかるため、プラスチックはより硬くプレスされ、複雑なデザインを可能にします。そのため、従来の成形機では不可能だった精密なデザインを作成することが可能になります。

抑制要因:政府の厳しい規制とポリマーの使用禁止

世界各国でプラスチックの使用に関して厳しい規制が導入されていることが、業界の成長にとっての障害となる可能性があります。例えば、インドの中央政府は、プラスチック製キャリーバッグに要件を義務付け、2022年から全国的に使い捨てプラスチックを禁止する草案を発表しています。

市場機械:ヘルスケア分野における堅調なプラスチック需要

コロナウイルスの流行を受けて、多くの産業が、ウイルスを封じ込めるために行われた事業の閉鎖や制限により、サプライチェーン、消費者行動、市場投入経路の変化を目の当たりにしました。その結果、プラスチック加工機械をはじめとする多くの産業プロセスに悪影響が生じました。一方、北米などの主要国では、この危機にもかかわらず、プラスチックの販売・生産は大幅に増加しました。また、病院用医療機器や個人用保護具の製造にもプラスチック材料が広く採用され、ウイルスの蔓延を抑える上で大きな役割を果たしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]