ポリアリールエーテルケトンの市場規模、2028年に10億8,000万米ドル到達予測

ポリアリールエーテルケトン(PAEK)の市場規模は、2021年の5,600万米ドルからCAGR 9.8%で成長し、2028年には10億8,000万米ドルに達すると予測されています。ポリアリールエーテルケトンは、部分的に結晶性の熱可塑性物質で、高い機械的能力と改善された温度堅牢性を備えています。また、少ない有毒物質の排出、耐熱性の高さ、機械的出力の高さ、加水分解に対する優れた耐性などの優れた特性により、医療機器などを含め、さまざまな用途で広く使用されています。

牽引要因:医療、航空宇宙、自動車産業からの需要増

医療、航空宇宙、自動車産業からの需要の増加、新興国からのアプリケーションの増加、効率的で環境に優しいソリューションへの需要の急増が、今後の市場成長を押し上げています。

抑制要因:PAEK原料の高コスト

ポリアリールエーテルケトン原料の高コストが市場成長の妨げとなる可能性があります。原料価格は高止まりする傾向にあるため、製品全体のコストが上昇し、今後の市場成長に影響を与えています。さらに、ポリアリールエーテルケトンの代替品が、市場で安いコストで入手できることで、価格の利点を考慮して代替品が選択される可能性があります。

市場機械:新たな技術革新

従来の金属を特殊な熱可塑性プラスチックに置き換えるなど、新たな技術革新は、自動車のコストと重量を削減することができます。この軽量化により、自動車から排出されるCO2、NO2、その他のオゾン層破壊化合物が削減されることになります。例えば、自動車の専門家によると、車の重量を10分の1削ると、燃費が5%〜8%向上すると言います。さらに、温室効果ガスの排出を削減するための欧州連合の規制が、軽量化車両の需要を促進しています。

脅威:製品代替品の普及

製品代替品の普及は、ポリアリールエーテルケトン市場の成長に対する脅威になると予測されます。ポリエーテルケトンの主な欠点には、コストが高いことと、ボイドフリーボンドを得るためのヒーリング時の揮発性物質の除去が難しいこと、取り扱いやヒーリングの難しさ、高い溶融加工温度、比較的低いガラス転移が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]