IIoTプラットフォームの市場規模、2028年に207億8,000万米ドル到達予測

インダストリアルIoT(IIoT)プラットフォームの市場規模は、2021年の70億米ドルからCAGR16.8%で成長し、2028年には207億8,000万米ドルに達すると予測されています。インダストリアルIoTプラットフォームは、一般的なIoTプラットフォームとは区別されており、資産集約的で高度に規制された環境下で使用するために、データのオーケストレーション、採取、集計、分析を、概念化された形で構築します。これは、迅速な意思決定とプロセスの透明性の向上を視野に入れて行われ、テクノロジー・スイートとして、あるいはオープンで共通の目的を持つアプリケーション・プラットフォームとして、さらにその組み合わせで利用することができます。IIoTプラットフォームは、産業資産とその運用環境に関連するセキュリティ、安全性、ミッションクリティカル性の要件をサポートするように設計されています。

牽引要因:クラウドベースのデプロイメントモデルと低運用コストの受け入れの発展

低コストのデータストレージ、バックアップ、データ保護に対する需要は、中小企業(SME)にとって大きな推進力となっています。クラウドの導入により、企業は様々な業種に対してより良いIoTサービスを提供できるようになりました。スマートでコネクテッドな製品は、コネクテッド・サプライ・チェーンや製造プロセスにおける重要なコンポーネントです。さらに、低コストのコネクテッドデバイスの登場により、製造業者はIoT技術を導入してリソース消費を抑え、全体的な生産性を向上させることができるようになりました。メーカーは、効率を最大化するために、運用コストを削減しながら機械にIoTアプリケーションを実装する傾向があります。

抑制要因:データセキュリティの問題

FBIの報告によると、インターネット犯罪による金銭的損失が米国で蓄積されていると言われています。最も一般的なサイバー犯罪はフィッシング、不払い・不渡り詐欺、恐喝であり、詐欺に関連する苦情から、堅牢なセキュリティインフラの採用は必然となっています。IIoTを導入する企業は、セキュリティとプライバシーの問題に直面しており、機密性の高いデータの漏洩やサイバー攻撃を回避する必要があります。さまざまな産業分野でサイバー攻撃、データ漏洩、偽データ注入の件数が増加していることが、IIoT導入の妨げになっています。

市場機会:産業オートメーションに対する政府の広範な支援

多くの政府が、IIoTなどの革新的技術の受け入れを奨励し、さまざまな組織で産業用オートメーションを推進しています。研究開発投資、税制優遇、プロモーションベンチャーやプラットフォームの組織化などの奨励プログラムは、自動化を促進し、インダストリアルIoTの採用率を高めるための政府の活動の一部です。欧州の第7次研究・技術開発枠組み計画(FP7)では、科学技術の全分野にわたる研究開発への投資を行っており、現在も多くのIoT関連プロジェクトが進行中です。この改革により、産業界は事業運営にIoTソリューションを導入するよう促されました。また、インド政府は、Digital India、Make in India、Smart Cityプロジェクトなど、数多くの取り組みを行っており、新興技術導入のための十分な機会を生み出すと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]