環境に優しい食品包装の市場規模、2028年に3,584億5,000万米ドル到達予測

環境に優しい食品包装の市場規模は、2021年の1,911億2,000万米ドルからCAGR 9.4%で成長し、2028年には3,584億5,000万米ドルに達すると予測されています。環境に優しい食品包装市場は大気へのフットプリントが少なくなるように実装されており、リサイクル、堆肥化、あるいは食べることが可能です。エコフレンドリーな食品包装は無限にあり、その想像力は驚きと感動を与えてくれます。

牽引要因:環境に優しい食品包装を選択する顧客の増加

非生分解性材料が環境に与える影響から、エコロジーな食品包装製品への消費者の期待が高まっています。また、食品包装に付属するスプーンやストローについても、リサイクル可能なものを選ぶ消費者が増えています。外食産業では、使い捨てのプラスチック製ストロー、蓋、栓、カップ、食品トレイが、紙製や生分解性の代替品に置き換えられつつあります。利便性と顧客の嗜好が高まっていることから、環境に優しい食品包装への需要は今後も増加し続けると思われます。

抑制要因:リサイクルのためインフラの欠如

リサイクルのための適切なインフラの欠如が、市場成長の妨げになると予想されます。ペットボトルのリサイクルは、新しいペットボトルを製造するよりもはるかにコストがかかります。地方自治体が再生材の販売に加え、リサイクル業者に補助金を支給したとしても、新品の商品には太刀打ちできません。リサイクルは、生産プロセスの一部が高価になった産業においてのみ実現します。

市場機会:技術の進歩

市場のプレーヤーは、環境への影響を減らし、埋立地や海からプラスチックを排除するために、生物学的に優しい食品包装ソリューションに移行するための技術に力を注いでいます。例えば、2019年7月、スイスの食品会社Nestleは、高速フローラップ技術により、スナックバー「YES!」に新しいリサイクル可能な紙の包装材を導入しました。この発売により、菓子分野でリサイクル出来るようになりました。

脅威:安価な代替品

安価な代替品が入手可能であることが、環境に優しい包装材市場の成長を妨げています。例えば、サトウキビ/バガスは、砂糖を抽出した後に残るサトウキビの廃棄物から作られる、木を使わない植物由来の再生可能な材料です。このパルプ状の素材は、耐久性のある容器を作るために使用され、プラスチック製品よりもはるかに少ないエネルギーで生産することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]