極低温断熱材の市場規模、2028年に54億6,000万米ドル到達予測

極低温断熱材の市場規模は、2021年の29億4,000万米ドルからCAGR9.2%で成長し、2028年には54億6,000万米ドルに達すると予測されています。極低温断熱材は、エネルギー漏れを低減し、-75℃以下で動作するアプリケーションに高いレベルの熱絶縁を提供するために使用し、LNGのような可燃性製品の信頼性の高い貯蔵と効果的な輸送を保証する高性能材料です。

牽引要因:燃料としての液化天然ガス需要の増加

LNGの輸送と貯蔵は、エネルギー分野における用途の一つであり、同市場の成長に貢献することが期待されています。家庭用燃料、自動車用燃料、発電用燃料、商業用燃料など、さまざまな分野で液化天然ガスの需要が増加しており、天然ガスの探査と生産に拍車がかかり、成長を促進しています。石油・ガス産業向けの天然ガスや産業用ガスの需要増に伴い、機器の需要も増加しており、市場を活性化させるものと思われます。近年、貯蔵タンクやLNG基地、LNG運搬船の増加により、相当量の絶縁材料が必要となり、市場を活性化させることが考えられます。

抑制要因:原材料のコスト高

極低温断熱材は、高価な原材料を使用しているため初期投資が高く、製品全体のコストを引き上げています。また、貯蔵装置をうまく組み込むためのサポート体制の不整備も、今後の市場成長を制限する要因になっています。

市場機会:環境意識の高まり

環境意識の高まりは、今後数年間で市場の需要を加速させ、市場に多大なチャンスをもたらしています。天然ガスは、世界中で使用されている天然エネルギー資源で、クリーンで効率的、かつ環境に優しいエネルギー資源です。効率的で高度なLNGターミナル、LNG船、貯蔵タンクの成長が、極低温断熱材市場の成長を促進しています。さらに、ガス液化の需要の高まりが、極低温断熱材の採用を促進しています。宇宙用アプリケーションにおける極低温技術の需要の高まりは、断熱材メーカーにいくつかの機会を生み出しています。

脅威:高い競争力

新規参入の増加により、市場で活動する多数の主要なプレーヤー間では激しい競争が目撃されています。ベンダーは、市場で競争するために有機的および無機的な成長戦略を採用しています。しかし、原材料価格の変動、安全性に関する懸念、製品の耐久性に関する問題などが、市場全体の成長を脅かす要因になると推測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]