建設用ロボットの市場規模、2028年に3,954億2,000万米ドル到達予測

建設用ロボットの市場規模は、2021年の1,176億9,000万米ドルからCAGR18.9%で成長し、2028年には3,954億2,000万米ドルに達すると予測されています。建設用ロボットは、建設で使用されている専門的なサービスロボットで、自動的に行われる建設作業により、稼働時間の増加や人件費の削減など、運用コスト削減を実現することでその価値を証明しています。住宅や商業施設、産業施設などの建築や解体などの用途で使用され、建設活動から人の介在を減らし、完全に取り除くことも可能にします。また、構造物の解体や、壁や構造物の3Dプリントなどの活動でも使用され、さらに、壁用レンガの配置や、建設現場における建築資材の運搬などにも使用することができます。

牽引要因:建設活動の進展

インド、中国、日本などの地域では都市人口が多く、インフラ整備が進んでいるため、住宅や商業施設は巨大な発展を遂げています。これらの地域では、古い建物の問題から多くの事故が報告されており、より厳しい規制や規範が求められています。古い建物の修理や新しい建物の建設に関しても、安全基準の観点から多くの法律が導入され、技術や安全性の向上に関する顧客の意識を高めています。このため、レンガ積み、塗装、積み込み、ブルドーザーなど、さまざまな用途に建設用ロボットが使用され、近代化プロセスにおける市場機会が生み出されています。米国国勢調査局によると、米国では建設工事への投資が増加しており、建設用ロボットの市場成長の原動力となっています。

抑制要因:設備投資にかかる高コスト

新技術を採用するための財源が必要なことが、市場の成長を大きく抑制しています。アーム、産業用ハードウェアソリューション、PLCなどの技術による活動を行う建設用ロボットは、膨大な設備投資を必要とします。また、ロボットシステム内のセンサーやツールは不可分な部品であり、新技術のコスト高につながります。建設用ロボットは初期費用が高く、この事が市場の成長を妨げています。

市場機会:技術的進歩の高まり

技術の進歩は、巨大な荷物を運び短い時間で作業を完了させる高度なロボットの導入につながっています。国際ロボット連盟の統計によると、インドは建設プロセスにおけるロボットの導入で世界第3位にランクされています。これらのロボットのアプリケーションは、2016年と比較して、2020年の建設業界では60%増加しています。建設用ロボットは各軸に関節トルクセンサーを備え、外部センサーを必要としません。現在では、高層ビルの建設にクライミングロボットが導入されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]