GigEカメラの市場規模、2028年に19億1,000万米ドル到達予測

GigEカメラの市場規模は、2021年の8億5,000万米ドルからCAGR12.3%で成長し、2028年には19億1,000万米ドルに達すると予測されています。GigEカメラとは、ギガビットイーサネットカメラの略です。高速なデータ転送速度、複数のカメラ、長いケーブル長が必要なアプリケーションで使用され、最大1000Mb/sの高速データ転送を特徴とし、要求の厳しい画像処理アプリケーションに適しています。また、GigEポートを使用するコンピュータシステムとのインターフェースとして設計されており、ギガビットイーサネット技術による長いケーブル長により、専用コンピュータから離れた場所で使用することができます。

牽引要因:軍事・防衛産業におけるGigEカメラの使用急増

GigEカメラの、セキュリティ・監視用途での高い使用率や軍事・防衛産業での使用急増などが、GigEカメラ市場の成長を後押ししています。GigEは、ネットワークインフラが既に整備されているため、マシンビジョンカメラのインターフェースとして最も頻繁に使用されています。GigEビジョンは、マシンビジョン分野で生まれたデジタルカメラによる産業用画像処理用のインターフェース規格で、電子・半導体、ヘルスケア、自動車、食品・飲料、医薬品、包装・印刷など、様々な産業で使用されています。

抑制要因:CPUへの過度な負荷

GigEカメラ市場の成長に影響を与える要因として、セキュリティ・監視用途でのGigEカメラの高い使用率、マシンビジョンカメラの需要増加、軍事・防衛産業でのGigEカメラの使用率の急増が挙げられます。しかし、高速・高解像度化によりCPUに過大な負荷がかかることが、同市場の成長を抑制しています。

市場機会:交通インフラ整備に向けた政府の取り組み

交通インフラの整備に向けた政府の取り組みが活発化しており、今後さらに有利な市場成長の機会が創出されると思われます。市場成長の主な要因は、高速データ転送速度、開発コストの低下、簡単な設定オプションによる効率的なビデオ伝送などです。

脅威:相互運用性のためのユニバーサルドライバの必要性

ギガビットイーサネットは、汎用性の高いデジタルインターフェースであり、多くの用途でアナログ機器に代わるカメラを製造する可能性を提供します。ギガビットイーサネットは、帯域幅、ケーブル長、マルチカメラ機能に関して、幅広い技術的な柔軟性を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]