電磁両立性(EMC)試験の市場規模、2028年に38億7,000万米ドル到達予測

電磁両立性(EMC)試験の市場規模は、2021年の22億9,000万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2028年には38億7,000万米ドルに達すると予測されています。電磁両立性試験は、電子または電気機器が大量の電磁干渉を発していないこと、およびいくつかの電磁現象の存在下で機器が必要な機能を維持することを確認するために行われる試験プロセスで、テレビ、パソコン、洗濯機、自動車、航空機、船舶、大型産業機械などの電気機器を設置する際には、EMCを考慮する必要があります。電気・電子機器の大規模な普及に伴い、各国政府はEMC試験に多額の投資を行うことを余儀なくされています。EMC試験の利点としては、製品の信頼性向上、サービスコストの削減、ブランドロイヤリティの向上などが挙げられます。

牽引要因:接続されたデバイスとネットワークの効率的な相互運用性

モノのインターネット(IoT)と呼ばれるグローバルネットワークを構築するために、スマートオブジェクトとインターネットインフラとの相互接続性を確認する要求が高まっています。相互運用性の問題は、ベンダーロックイン、クロスプラットフォームに公開するIoTアプリケーションの開発不可能、相互運用性のないIoTデバイスを異なるプラットフォームに接続することの困難、および大規模な技術の出現の妨げにつながる可能性があります。そのため、異なるIoTベンダー間でシームレスにリソースを共有し、協業を可能にするための電磁両立性試験が必要とされています。

抑制要因:EMC試験にかかる高いコスト

電磁干渉(EMI)/電磁両立性(EMC)適合試験は、製品の種類、認証を受ける国の数、設計・デバッグ時間、試験対象の基板数、認証試験コストなど、様々な要素を考慮する必要があるため、高額になる可能性があります。すべてのメーカーがこの費用を負担できるわけではなく、このことが市場の成長を大きく妨げています。

市場機会:製品のプレコンプライアンスEMC試験への傾倒の高まり

電磁両立性(EMC)適合試験には、準尖頭値検出器付きスペクトラムアナライザー、プリアンプ、非金属製スタンド付きアンテナ(放射妨害波試験)、ラインインピーダンス安定化ネットワーク(LISN)、パワーリミッター(伝導試験)などが含まれます。EMC予備試験は、時間、費用、労力を節約できるため、望ましいものですが、デバイスや製品の普及率にもよりますが、1回の申請で1,000~20,000米ドルの費用がかかります。さらに、製品開発のこの後期段階でEMCコンプライアンスに失敗すると、高額な再設計が必要になることもあり、製品のプレコンプライアンス試験を実施することが強く推奨されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]