ブローフィルシール技術の市場規模、2028年に6億1,700万米ドル到達予測

ブローフィルシール(BFS)技術の市場規模は、2021年の3億5,538万米ドルからCAGR8.2%で成長し、2028年には6億1,700万米ドルに達すると予測されています。ブローフィルシール技術は、液体充填ポリマー容器を小容量(0.1mL~99mL)および大容量(100mL以上)で製造するため、欧州で開発された技術で、欧州、北米の順で需要が大きくなっています。この技術は、医薬品市場において、比較的少ない人の介在で親水性製剤を充填することが出来るため、高い利用率を誇っており、米国食品医薬品局(FDA)など多くの規制機関から、育児用品の無菌充填に優れた方法とみなされています。ブローフィルシール(BFS)技術は、点眼剤、輸液、吸入剤、その他育児用品の充填に使用されています。

牽引要因:エンドユーザー企業からの需要の高まり

多くのエンドユーザー業界、特に製薬会社は、液体非経口薬の充填・包装において、人による介入と汚染リスクを最小限に抑えるため、高度な滅菌技術を使用しています。ブローフィルシール(BFS)技術は、包装設計の柔軟性、運用コスト、無菌性、スペース要件、部品在庫、労働要件などにおいて多くの利点を提供し、医薬品包装に好ましい技術となっています。医薬品分野では、ブローフィルシール(BFS)技術を用いたボトル、バイアル、プレフィルドシリンジ、アンプルなどの高度な無菌包装に対する需要が高まっています。BFS技術の進歩により、チップ/キャップ挿入型バイアル、ツイストオフ/リクロージャブルバイアル、マルチドーズボトル、洗眼/コンタクトレンズ溶液ボトル、単位用量プレフィルドシリンジ/注射剤、電解液/スポーツドリンクボトルなど、より多様な容器の包装が可能になりました。

抑制要因:手頃な価格を維持するための製薬メーカーへのプレッシャー

自社製品の手頃な価格を維持するための絶え間ないプレッシャーが、同業界を不安定にさせています。特許切れや医療費抑制のための政府の圧力は、製薬会社の収益に影響を与える主な要因となっています。特許の失効はジェネリック医薬品の普及を促進し、その範囲を広げることで、専門医薬品メーカーにプレッシャーを与え続けています。ブローフィルシール技術の導入には、熟練労働者、メンテナンスと減価償却、樹脂などが必要なため多額のコストがかかり、ブローフィルシールの多くの利点にもかかわらず、製薬メーカーは技術の導入に消極的な傾向が見られます。これらの要因がブローフィルシール技術の市場成長を阻害する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]