ファインケミカルの市場規模、2028年に3,745億9,461万米ドル到達予測

ファインケミカルの市場規模は、2021年の1,984億5,529万米ドルからCAGR9.5%で成長し、2028年には3,745億9,461万米ドルに達すると予測されています。ファインケミカルとは、純度の高い単一の化学物質を指し、バッチ式またはバイオテクノロジーの工程から、合成、分離、精製を経て、極めて少量かつ限定的に生産されます。汎用化学品と比較して、使用量が少ないことが特徴で、ポリペプチド、芳香族化合物、モノクローナル抗体、エリスロポエチン、ヌクレオチド、プラスチック添加物などが、さまざまな産業で使用されるファインケミカルの一般例です。ファインケミカルは、多くの産業において、様々な用途でビルディングブロックとして使用されています。

牽引要因:エンドユーザー産業からの需要増加

ファインケミカル市場は、バイオ医薬品での一定量の使用により、化学品の生産において支配的であり続けています。ファインケミカル市場は、主要な最終用途産業の成長によって、安定した成長が期待されています。その主要な消費者である医薬品と農薬は、これらの産業の成長によって、今後数年間、ファインケミカルの世界市場の成長を促進すると予想されます。ファインケミカルの世界的な傾向としては、メーカーが効率的なプロセスや新製品の開発に向けた努力を続けていることで、農薬、建設、自動車産業などのエンドユーザー産業の積極的な成長は、ファインケミカル市場の成長に直結しています。

抑制要因:過剰生産能力問題

過剰な生産能力が市場成長の抑制要因となっています。25〜40%の過剰生産能力は依然として問題となっており、新規生産能力の大幅な増加が、中間体や医薬品有効成分(API)市場に影響を及ぼすと考えられます。ファインケミカルの過剰な生産能力は、収益性の低下を招き、工場閉鎖や営業権償却につながりました。しかし、ようやく底を打ったというのが一般的な見方です。

市場機会:建設・生産活動の活発化

建設・生産活動は、その国の成長の柱であると同時に、世界経済全体の底上げに大きな役割を果たしています。建設・開発活動の増加は、接着剤、シーリング材、抑制剤、重量鉄筋コンクリート、鉄鋼用保護コーティング、顔料・染料、プラスチック添加物などの原材料の需要を増加させる可能性が高く、ファインケミカルは、より長い耐久性、高い耐熱性、高強度、耐腐食性などの特性により、これらの建設材料の生産に広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]