ニューロモルフィックコンピューティングの市場規模、2028年に27億50万米ドル到達予測

ニューロモルフィックコンピューティングの市場規模は、2021年の5,081万米ドルからCAGR76.4%で成長し、2028年には27億50万米ドルに達すると予測されています。ニューロモルフィックコンピューティングは、人工知能分野における最新の技術開発で、人工知能を人間の認知を模倣する分野、例えば自律適応や解釈などの活動に拡張することに重点を置いています。これは、ニューラルネットワークやアルゴリズムで構成される人工知能が、過去に観測したデータに大きく依存し、問題に対する人間の判断を欠いたまま出力していたことを、大きく改善するものです。そのため、次世代AIは、人間のアプローチを模倣して、特殊な状況に対応できる技術を目指しています。

牽引要因:より高性能なICへのニーズ

CPU(Central Processing Unit)は、命令を実行するプロセッサとは別のメモリブロックにデータやプログラム命令を格納するため、常にメモリストアと情報を行き来する必要があります。そのため、データ転送は過剰な電力消費を引き起こし、プロセッサの最適な動作速度を低下させるため、全体の処理速度が制限されます。一方、ニューロモルフィックチップは、データを並行して処理することができ、情報をチップ自体に保存することが可能です。処理とストレージを統合することで、データのシャトリングを回避できるため、コンピューティングをより効率的に行うことができます。より高性能なICのニーズは、今後のニューロモルフィックコンピューティング市場の大きな推進力になります。

抑制要因:複雑なアルゴリズムによる、のハードウェア設計の複雑化

ニューロモルフィックチップは、モバイルや組み込みシステムなどの市場で大きな成長の可能性があると予想されます。しかし、現段階では、バックエンドのサーバー/データセンター・アプリケーションではアルゴリズムの大規模な学習が必要なため、産業用機械学習ではGPU(Graphics Processing Unit)と同等の性能を実現することが重要になります。そのため、ハードウェアの製造能力の限界により、ニューロモルフィックハードウェアが大規模な実装のための複雑なアルゴリズムを学習できるようにすることは困難です。これは、ニューロモルフィックコンピューティング市場の成長を阻害する要因として発生する可能性があります。

市場機会:人工知能と機械学習の需要の増加

マシン間接続の増加や人工知能の浸透が、ニューロモルフィックコンピューティングを使用してエッジに多くのソリューションを持つことの必要性を高めています。人工知能(AI)は、医療、メディア、エンターテインメント、通信、公共事業、航空宇宙、軍事、消費者向け機器、食品・飲料、配管などの産業で応用されており、AIシステムと機械学習の組み合わせは、スマートな意思決定でビジネス環境を推進することになります。このようなシステムは、画像分類、質問応答型医療診断システム、詐欺検出、信用スコアリング、音声認識、言語翻訳、自動運転車などに応用されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]