レーザープラスチック溶接の市場規模、2021年から2028年の間CAGR 9.8%で成長予測

レーザープラスチック溶接の市場規模は、2021年から2028年の間、CAGR 9.8%で成長すると予測されています。レーザプラスチック溶着は、医療、自動車、電子パッケージングなど、多数の産業分野で幅広く利用されており、レーザー透明部とレーザー吸収部の接合は確実です。溶着する前に、接合部は位置決めされ、その後相互にプレスされます。実際の融合プロセスでは、レーザービームは透明なコンポーネントを大幅に加熱することなく通過します。 しかし現在では、吸収部品がエネルギーを奪うため、外部が加熱されるようになっています。

牽引要因:自動車用デザイナーズ製品の需要増加

自動車用デザイナーズ製品の需要の増加は、審美的なプラスチック製品の需要を高め、同市場の主要な成長要因となっています。例えば、LPKF Laser & Electronics AGは、さまざまな溶接プロセスを使用して、まっすぐな溶接継ぎ目や複雑な3D形状を作り出しています。アルコン研究所のR&Dエンジニアによると、DukaneのiQ Servo超音波ウェルディングシステムは、シンプルなソフトウェアシステムで、最適化されたストレートフォワードのシステムで最良のソリューションを実現すると報告しています。

抑制要因:レーザー溶接機の新技術

レーザー溶接機は、新技術により、マシンの性能が向上しています。しかし、高度な技術の高価であり、訓練を受けた労働者を必要とし、同時にマシンのコストを増加させており、高度なレーザー溶接機を使用する企業の経営を圧迫する可能性があります。

市場機会:技術的進歩

透過型レーザー溶接(TTLW)、赤外線放射、超音波溶接などの技術的進歩は、発展途上国の自動車セクターで出現しており、デザイナーの美学とより高い効率を持つ自動車製造を可能にします。メルトマッチ技術は、プラスチック金型のメルトフローと超音波の速度を一致させる先進技術です。例えば、米国のレーザー式プラスチック溶接機のDukane社は、医療業界向けにメルトマッチ技術を搭載した新しいサーボ駆動超音波溶接機Iqシリーズを開発しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]