水素エネルギー貯蔵の市場規模、2028年に261億3,000万米ドル到達予想

水素エネルギー貯蔵の市場規模は、2021年の154億5,000万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2028年には261億3,000万米ドルに達すると予想されます。水素エネルギー貯蔵は、エネルギー需要の低い時期に自然エネルギーによって作られた余剰エネルギーを電気分解の動力として使用するプロセスです。水素エネルギー貯蔵は、電気を水素に変換して貯蔵し、最終的に再電化するプロセスです。電気分解は、持続可能なエネルギー供給システムの柔軟性と回復力を高めると同時に、システム統合と再生可能エネルギーの有効活用により、エネルギーコスト全体を削減できる可能性があります。

牽引要因:環境にやさしい技術

水素はエネルギー貯蔵媒体であり、気体または液体の形で貯蔵されたエネルギーは、使用されるまで決して消滅しないため、非常用発電機やその他のミッションクリティカルなエネルギーアプリケーションに適しています。バッテリーやキャパシターなどの他のエネルギー貯蔵タイプは、時間とともに貯蔵されたエネルギーが失われ、使用しなくても定期的に充電する必要があるのに比べ、水素エネルギー貯蔵はより望ましい仕組みと言えます。同時に、クリーンで効率的であり、自動車やモバイルパワーパックなどのモバイル用途にも使用することができます。

抑制要因:大規模投資の必要性

主にハイブリッド車の動力源として使用される水素エネルギーは、その安価で持続的な利用を発見するまでに、多くの研究とイノベーションを必要としました。水素は、エネルギー源としての有効性を保証するためには、圧縮して液体状態にし、常に高圧かつ低温で貯蔵・輸送する必要があります。

市場機会:水素貯蔵技術の普及に向けた政府の取り組み

水素は、風力、太陽光、波力、潮力などの余剰再生可能エネルギーを貯蔵し、後で利用する手段として、多くのエネルギー業界の専門家に注目されています。また、都市部や遠隔地の農村部における自動車の燃料補給にも利用が可能と考えられています。さらに、中国、韓国、日本、インドでは排ガス規制が厳しく、アンモニアとメタノールの需要が増加しているため、市場の成長がさらに高まることが予想されます。このように、水素貯蔵技術の利用を促進するための政府の取り組みが、今後の市場機会になると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]