放出制御肥料の市場規模、2028年に42億2,000万米ドル到達予想

放出制御肥料(CRF)の市場規模は、2021年の24億米ドルからCAGR8.4%で成長し、2028年には42億2,000万米ドルに達すると予想されています。放出制御肥料は、ポリマーまたは樹脂でコーティングされた粒状の肥料粒子で、水分との接触量を制限し、肥料粒子を溶解して時間の経過とともに徐々に肥料を放出するように機能するものです。作物の品質や収量を向上させ、肥料の利用効率を高めるとともに、環境に対する潜在的な損失を最小限に抑える可能性を持つ肥料です。

牽引要因:土壌肥沃度管理の必要性の高まり

世界人口の増加により、食糧の需要は着実に増加しています。質の高い食料の需要に見合った生産を行うために、食品技術は今後も大きな役割を果たすと思われます。安全で栄養価の高い食品の大量生産は、食品と栄養に関する研究開発によって可能になります。化学的なものから生物学的なものまで、特定の化合物は、特別に設計された閉鎖型の産業用アプリケーションシステムで、種子の周囲にコーティングされた状態で適用されます。

抑制要因:発展途上国における認識不足

これらの肥料は通常の肥料を使用して製造され、ポリマーコーティングなどの添加物がコストに影響を与えます。放出制御肥料の利点にもかかわらず、市場は堆肥のコストの拡大などの問題に直面しており、多くの農業従事者は資源を投入する意欲をなくしています。また、巨大市場である発展途上国において、放飼肥料の利点が知られていないことも、同市場の発展を妨げる一因となっています。

市場機会:発展途上地域での可能性の拡大

APAC(アジア太平洋)地域の人口増加は、食品需要の急増につながり、肥料の消費を増加させると思われます。しかし、同地域では、土壌の汚染や公害、人体や環境への悪影響が大きな懸念材料となっています。これらの悪影響に対処するため、地域の政府は、土壌への害が少ない肥料の使用に注力しています。アジア太平洋地域は発展途上国で構成されており、農家の平均的な土地所有率が著しく低いものとなっています。人口増加、工業化や都市化による農地の縮小、農作物の低収量、環境や土壌の悪化、インフラの不備などが、特殊肥料の需要を高めると予測されます。

脅威:栄養素の欠乏

水溶性肥料を使用する場合、生産者は作物のニーズや環境条件に合わせて、水やりのたびに肥料の散布量や配合を調整することができます。しかし、放出制御型肥料(CRF)の場合、一度肥料を取り込んだら変更することはできません。春先や晩秋など、気温が季節外れに高くなったり低くなったりすると、肥料の放出が早すぎて根焼けを起こしたり、溶け出すのが遅すぎて栄養不足になったりすることがあります。さらに、肥料を組み込んだ培地を使うときに最も心配なのは、使用前の培地の保存期間です。養分は温度に応じて放出されるため、培地に取り込まれると同時に放出され始めます。したがって、肥料の塩分が高くなる問題を避けるために、栽培用培地は組み込んでから7~10日以内に使用する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]