ダイヤモンドコーティングの市場規模、2028年に46億1,000万米ドル到達予測

ダイヤモンドコーティングの市場規模は、2021年の24億9,000万米ドルからCAGR9.2%で成長し、2028年には46億1,000万米ドルに達すると予測されています。ダイヤモンドは、人類が知る限り最も硬い材料の1つであり、研磨、切断、成形、仕上げ工具に使用される他の材料よりもはるかに効率的であり、低い熱膨張率と高い電気抵抗を兼ねそろえています。さらに、高い熱伝導性を持っており、小型・高出力・高速の電子部品パッケージの熱を拡散・伝導させるのに適しています。主な利点としては、高い熱伝導性、低い摩擦係数、最大の表面硬度、優れた摩耗特性などが挙げられ、コーティングすることで、様々な表面性能の問題に対して優れた解決策を提供します。

牽引要因:研究開発による技術革新

ダイヤモンドコーティング市場の主要企業は、毎年研究開発活動に多額の投資を行い、最終用途産業の需要に応じた製品の更新とアップグレードを行っています。ダイヤモンドコーティングは、基材の特性を向上させるために行われ、コーティング層の厚みや使用する前駆体材料によって、基材の特性を向上させることができます。大学や独立研究機関では、前駆体材料ごとの基材の特性を向上させ、コーティングプロセスのコストを削減してエンドユーザーに利益をもたらすために、研究開発活動が各地で行われています。ダイヤモンドコーティングプロセスに携わる企業は、エンドユーザーからのより増大する需要に対応するため、製品ポートフォリオの更新に多大な投資を行う必要があります。したがって、技術革新は、今後ダイヤモンドコーティング市場に広い機会を作り出すことが予想されます。

抑制要因:高い投資額

ダイヤモンドコーティングプロセスは、多くの資本投資を必要とします。CVDやPVD技術は資本集約的であり、これらのコーティング技術で使用される装置は、高温や制御された真空条件など、特殊な動作環境を必要とします。また、コーティング装置の製造コストは高く、少数のグローバルトッププレイヤーが市場を支配しているため、最終用途産業向けの装置やツールのコストは高くなります。さらに、コーティングの工程は、用途やコーティングする材料と膜層の厚さによって、異なる装置が必要です。ダイヤモンドコーティングの機械は非常に高価で、エンドユーザーが自社の機械にダイヤモンドコーティング用の工具や装置を設置することは現実的ではありません。

市場機会:切削工具や機器の寿命延長に有用

ダイヤモンドコーティングは、CVDやPVDなどの高度な表面工学技術によって行われ、切削工具への応用が検討されています。ダイヤモンドは硬度と強度が高く、摩擦係数が低く、化学的に安定であることなどから、理想的な元素です。ダイヤモンドコーティングは、工具や機器の寿命を向上させます。そのため、軽量で強度の高い部品への利用が増え、エンドユーザーの間で大きな関心が集まるようになりました。ダイヤモンドコーティングされた工具は、さまざまな加工用途で大きな可能性を秘めており、ドリルのような複雑な形状の切削工具の製造に有利です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]