低温電子顕微鏡の市場規模、2028年に15億2,520万米ドル到達予測

低温電子顕微鏡の市場規模は、2021年の7億2,543万米ドルから11.2%のCAGRで成長し、2028年には15億2,520万米ドルに達すると予測されています。低温電子顕微鏡は、極低温で凍結水和した試料を電子顕微鏡で画像化する手順で、試料は、着色料や固定剤を必要とせず、自然な状態で保存されるため、分子分解能で十分なウイルス、細胞構造、タンパク質の多様性を研究することができます。また、通常の顕微鏡とは異なり、生物試料を凍結させることで、試料の歪みを最小限に抑え、人的要素を最小限に抑えて観察することができます。生物学者は、自然な状態で凍結された生物試料の写真を撮るために、低温電子顕微鏡を使用します。低温電子顕微鏡は、他の構造生物学ツールと比較して、より効果的に使用できます。

牽引要因:急速な技術的進歩

新しい技術の進歩は、低温電子顕微鏡市場のトレンドの1つです。急速な技術進歩や高速処理、効率的なサンプル前処理技術などの機能向上は、低温電子顕微鏡市場の成長と需要を強化する重要な要因の一つです。また、ナノテクノロジーと再生医療への注目が高まっていることも、今後の世界市場の成長に寄与しています。さらに、3D画像や高精細を強化するために、ディスプレイモダリティをこれらの進歩と統合することで、様々なアプリケーションにおける低温電子顕微鏡の需要が促進されるものと思われます。

抑制要因:低温電子顕微鏡の高コスト

低温電子顕微鏡技術はコストが高く、試料の生成に時間がかかり、また完全に水和された試料は電子ビームに敏感で、低温電子顕微鏡の成長を阻害する可能性があります。構成、カスタマイズ、サンプル収容、コンポーネント、および高い解像度は、低温電子顕微鏡の高コストの要因でもあります。さらに、購入プロセスで見落とされがちなコストとして、トレーニング、セットアップ、配備、そしてロジスティック・コストなどがあり、低温電子顕微鏡の総所有コストの一部となっています。

市場機会:研究開発のための有利な資金調達シナリオ

顕微鏡の研究開発に対する有利な資金調達シナリオ、医療費の増加、ベンチャーキャピタル投資の増加も、市場の成長を促進しています。ウイルスや慢性疾患の急増は、研究開発への高い投資額につながっており、メーカーはさらに低温電子顕微鏡市場を拡大し、その導入に多額の投資を行っています。主要なプレーヤーは、適切なR&D施設が利用可能であるため、北米と欧州中心に存在しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]