キノコ栽培の市場規模、2028年に261億2,000万米ドル到達予測

キノコ栽培の市場規模は、2021年の173億7,000万米ドルからCAGR6.0%で成長し、2028年には261億2,000万米ドルに達すると予測されています。キノコの栽培は技術的なプロセスです。野菜の中で、きのこは従属栄養生物に位置づけられており、緑色植物とは対照的に、きのこは光合成を行うことができません。きのこ栽培は、わら、馬糞、石膏、廃水などの廃棄物を利用して、高品質なきのこ栽培を行っています。

牽引要因:きのこの高い栄養価

きのこには適度な量の食物繊維、銅、カリウム、マグネシウム、亜鉛、葉酸などのビタミンB群を含む十数種類のミネラルとビタミンが含まれています。また、カロリーや脂質が低く、コレステロールもゼロで、セレンやグルタチオンなどの抗酸化物質が多く含まれており、人間の細胞をダメージから守り、慢性疾患や炎症を抑制すると考えられています。さらに、キノコはエルゴチオネイン(ERGO)と呼ばれる抗酸化物質の豊富な栄養源でもあり、その栄養価の高い特性により、世界中の消費者の間で非常に人気があります。

抑制要因:きのこの保存期間の短さ

一般に、菌類の寿命は非常に短く、菌種によって大きく異なります。種類によっては1日しか生きられないものがあれば、1週間から1カ月も生きられるものもあります。きのこは保存期間がかなり短いため、このことが市場成長の妨げになっています。

市場機会:肉製品の代替品としての利用

マッシュルーム、特にクレミニやポートベローは、豊かで肉のような風味と食感を持つため、肉の代用品に適しています。また、セレン、亜鉛、ビタミンB1、B2、B5、B6、B12などのビタミンやミネラルが豊富に含まれており、抗酸化物質が豊富で、脂肪や炭水化物を含まず、日光に当たることでビタミンDを自然に摂取できる唯一の野菜でもあります。ベジタリアンやフレキシタリアン、肉食を控えている消費者は、肉の代わりにマッシュルームを使うことで、低カロリーでおいしい料理を作ることができます。肥満や植物性肉の健康上の利点から、消費者は菜食主義を好むようになっています。このため、肉の代用品として使用するきのこの需要が増加し、きのこメーカーに有利な機会を提供する可能性があります。

脅威:きのこ胞子によるアレルギー

きのこの胞子はアレルギーやその他の呼吸器系疾患を引き起こすため、生産に従事する労働者にとっての脅威となります。そのため、これらの影響を抑制するために人工呼吸器などの機器が使用されており、特に発展途上国においては生産コストの増加や市場成長の妨げとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]