金属粉の市場規模、2028年に62億5,689万米ドル到達予測

金属粉の市場規模は、2021年の42億1,656万米ドルからCAGR5.8%で成長し、2028年には62億5,689万米ドルに達すると予測されています。金属粉は、アルミニウム、スチール、鉄などの様々な金属を粉末状にしたもので、多くの産業で広く使用されています。これらの産業には、自動車、ヘルスケア、銃器、電子機器などが含まれ、溶射、プラスチック充填、焼結部品の製造などの工程で採用されています。

牽引要因:エンドユーザー産業からの需要増加

金属粉は、自動車やヘルスケアなど、エンドユーザー産業から大きな需要があります。例えば、インドの自動車部品産業では高い成長率を示しており、自動車部品の販売増は金属粉市場の成長にとってプラス要因となっています。軽量化や電気自動車への注目が高まる中、近い将来、金属粉の需要に拍車がかかることが予想されます。金属粉は、トリガー、ライフルボルト、ピストルブリーチブロックなど、銃器産業でも多く使用されています。

抑制要因:高いコスト要件

鍛造に使用される他の原材料に比べ、金属粉のコストは高く、特に生産量が少ない場合、金型や設備のコストが割高になります。また、劣化せずに保管することが困難な粉体も少なくないため、少量生産の際の課題となります。さらに、大型部品や複雑な形状の部品の金属粉末プロセスでの生産は困難がともない、高い初期投資と研究開発費が、市場成長の抑制要因となっています。

市場機会:技術的進歩

急速な技術進歩により、ロケット燃料、塗料顔料、印刷インクなど、多くの製品に金属粉が使用されるようになり、市場機会は急送に増え続けています。これは、粉末冶金やアディティブマニュファクチャリングという新しい分野におけるベース材料として、金属粉の役割に対する認識が高まっていることに起因しています。金属粉の高純度ソリューションへの道を開くことで、金属粉市場は成長しています。

脅威:三次元製品製造における限定的な使用

金属粉は、厚み方向や軸方向といった三次元製品の製造には限定的な用途しかありません。金属粉は、棒鋼やビレットなどの他の原材料と比較して、比較的高価な原材料であり、その資本コストも高いため、長期にわたる生産期間により償却することが出来ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]