脱毛症の市場規模、2028年に72億7,000万米ドル到達予測

脱毛症の市場規模は、2021年の34億5,000万米ドルからCAGR11.2%で成長し、2028年には72億7,000万米ドルに達すると予測されています。脱毛症は、抜け毛や薄毛を決定的にもたらす病状で、全身に起こる場合と、小さな部分から全体的に起こる場合があります。脱毛症は、白斑、甲状腺などの自己免疫疾患によっても引き起こされます。

牽引容易:脱毛症の増加

Journal of Clinical and Diagnostic Research (JCDR)が発表したデータによると、人口の約60%が薄毛の問題を抱えており、男性・女性ともにパターン脱毛症が最も一般的な薄毛の形態であると言われています。また、性別に関係なく、全世界で人口の約2%が生涯に渡って薄毛を発症するリスクがあると言われています。市場の主な購買層は、脱毛症に悩む患者や皮膚科クリニックです。例えば、英国のNational Institute for Health and Care Excellence(NICE)によると、2020年、英国における脱毛症の推定有病率は1万人あたり15人で、あらゆる年齢層で発症することが知られており、小児期と思春期に最も多くみられます。発症のピークは15歳から29歳の間に観察され、21歳以前に、男性の50~60%が最初の薄毛を経験します。脱毛の効果的な治療に対するニーズの高まりにより、脱毛症における臨床試験と治療法に対する需要が高まっています。脱毛症の未解決なニーズへの対応は急務であり、脱毛を治療・予防するための新しい薬剤の発見が加速しています。また、見た目の美しさを追求するあまり美容整形が盛んになっていることも、患者の新しい治療法への関心を高めており、市場の収益拡大に大きく貢献すると予想されます。

抑制要因:副作用

脱毛症の治療として副腎皮質ホルモンを使用した患者の多くは、効果が見受けられないと同時に、重大な副作用があると述べています。一部の患者は、脱毛の速度を遅らせたり止めたりすることに一時的に成功したと報告していますが、患者の多くは、副腎皮質ステロイドの使用に対してほとんど反応を示さず、実行可能な治療法ではないと判断しています。

市場機会:研究開発活動の活発化

治療のための臨床試験の増加は、市場の成長を助けると期待されています。例えば、ブラジル大学の研究者は、女性の男性型脱毛症の治療に対する0.5%ミノキシジル皮内注射の有効性と安全性を評価するために、無作為プラセボ対照試験を実施しました。その結果、ミノキシジルの皮内注射は、女性の男性型脱毛症の治療において、プラセボよりも有効であることが実証され、同時に、安全性プロファイルも良好であることが示されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]